ウィリアム・ラムゼイ卿ってどんな人?希ガスを発見しノーベル賞を受賞した!

ウィリアム・ラムゼイ卿といえば、スコットランド出身の科学者ですよね。

「希ガス」のアルゴンを発見して、ノーベル化学賞を受賞したすごい偉人です。

今回、ウィリアム・ラムゼイ卿のかんたんな経歴について、「希ガス」って何?について、紹介していきますよ。

 

ウィリアム・ラムゼイのかんたんな経歴

写真 ウィリアム・ラムゼイ

852年、ウィリアム・ラムゼイは、イギリスのスコットランドで生まれました。

彼の叔父も学者さんで、地球科学の学問のプロでした。「地質学者」なんて言ったりします。

 

彼自身、幼いころから勉強は優秀で、順調に地元の大学まで進みます。

そこでは、化学者のトーマス・アンダーソンに弟子入りし、さらに多くを学びます。

その後、ドイツの大学に留学したりして、博士になります。

その後は、地元のスコットランドに戻り、再びトーマス・アンダーソンのところで助手をして、働きました。

 

27歳、イギリスのブリストル大学で、化学の教授になります。

その後、29歳ころで結婚。(のちに娘と息子が生まれました)

同時にこのころに学長になり、多忙な時期となりました。

それでも研究がしたいラムゼイは、なんとか時間をつくりだし、化学の研究に没頭しました。

 

35歳、イギリスのトップ大学の化学の教授になりました。

この時期でいろいろな発見をして、のちの偉業につながっています。

 

 

42歳、彼はレイリーという学者の講演に参加しました。

レイリーは化学の大発見になるかもしれない持論を持っていて、ラムゼイもそれに興味を持っていました。

講演のあと、ふたりは深く語り合い、今後これを追求することにしまたした。

これが、彼らの最大の功績である、希ガスの「アルゴン」の発見へと繋がりました。

この大発見により、ふたりともノーベル賞を受賞しています。

 

その後も、ラムゼイは化学の研究に入れ込みつづけました。

1916年7月23日、64歳で鼻腔癌によりこの世を去りました。

彼の夜に与えた功績は大きく、彼の名を由来したハイスクールもできています。

 

「希ガス」ってなに?

ウィリアム・ラムゼイ卿は「希ガス」を発見したから偉いんでしょ?

じゃあ「希ガス」ってなに?って事ですよね。

 

Wikipediaによると、希ガスとは第18族元素のことで、どうやら、

第18族元素(だいじゅうはちぞくげんそ)とは、長周期表における第18族に属する元素、すなわち、ヘリウム・ネオン・アルゴン・クリプトン・キセノン・ラドン・オガネソンをいう。なお、これらのうちで安定核種を持つのは、第1周期元素のヘリウムから第5周期元素のキセノンまでである。

とのこと。

ぜんぜん意味わからないですね。ヽ(´ー`)ノ

 

なんとなくわかるのは、アルゴンは希ガスの一種で、現在では産業に欠かすことのできないもの。って感じ?

ラムゼイたちがそれを発見したおかげで、それに着目することができて、産業の発展に一役買ったと。

アルゴンガスって溶接に使われているイメージが強いですかね。

 

ちなみに、ウィリアム・ラムゼイ卿なんて言って「卿(きょう・けい)」が付いてますが、別にハーフだったとかじゃないです。

これは、イギリスの称号のLordやSirの訳語です。

 

まとめ

ということで、
ウィリアム・ラムゼイ卿ってどんな人?希ガスを発見しノーベル賞を受賞した!でした。

 

・希ガスのアルゴンを発見した功績によって、ノーベル化学賞を受賞したすごい偉人!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます^^