勝海舟を5分で!坂本龍馬との関係や子孫、名言、剣道の腕前について

勝海舟(かつかいしゅう)といえば、西郷隆盛との話し合いで、血を流すことなく江戸城を引き渡した人ですね。

今回、剣豪でもあった勝海舟のカンタンな経歴坂本龍馬との関係子孫や名言、剣道の腕前について紹介していきますよ。

 

勝海舟、プロフィール

115440283715819136

出身地:江戸(東京都)
生誕:1823年1月30日
死没:1899年1月19日
享年:77歳(病死)
時代:江戸時代-明治時代

 

1,勝海舟って何した人?どんな人?

勝海舟は、江戸の町を戦争から守った幕府の代表です。

彼は、敵の西郷隆盛と、戦争せず話し合いで江戸城を引き渡しました。

ここでは、勝海舟のカンタンな経歴、どんな人で何をした人なのかを紹介していきます。

 

勝海舟、かんたんな経歴

海舟は、幕府の家臣の子で、江戸で生まれました。

海舟が31歳のとき、アメリカからペリーがきて、「鎖国なんてやめて貿易しようぜ!」と、言い出しました。

アメリカは日本を植民地にしようとしていたのです。

幕府の老中(幕府の最高職)の阿部正弘(あべまさひろ)は、どうするべきか、偉い人からも偉くない人からも、広く意見を集めました。

そこで海舟は、外国から日本を守るために意見を書いて出し、阿部正弘に認められました。

 

舟が海軍について勉強していた時期、日本とアメリカが貿易をおこなうための、「日米修好通商条約」を結ぶため、「使節団(しせつだん)」が、アメリカに行くことになりました。。

「使節団」とは、国の代表として外国を訪れる団体です。

海舟は、使節団を守る軍艦・咸臨丸(かんりんまる)の船長に指名されます。

日本に帰ってきた海舟は、「軍艦奉行」に任命されます。海軍づくりに力をつくしながら、坂本龍馬らと、今後の日本について、将来を語り合いました。

「軍艦奉行」とは、海軍を統括する役職です。

 

5代将軍・徳川慶喜が、「大政奉還」で、政権を幕府から朝廷に返した後、旧幕府軍と新政府軍は戦争をはじめます。

この戦争に勝った新政府軍は、江戸にも迫ってきました。

旧幕府軍の代表となった海舟は、新政府軍と仲直りする役目を任されました。

海舟は、「もし江戸で戦が起これば、庶民らが苦しむ」と考え、戦をする気マンマンの新政府軍・西郷隆盛と話し合いをすることにしました。

海舟の必死の説得により、江戸城への攻撃はなくなりました。

そして戦による死者を出すことなく、江戸城が引き渡されました。

勝海舟は、江戸の町を戦争から守ったのです。

 

2,福沢諭吉と仲がわるい?

海舟は、福沢諭吉と仲が悪かったという話があります。

海舟が船長をした軍艦・咸臨丸(かんりんまる)に、福沢諭吉も乗っていたのです。

このとき海舟は、船酔いがヤバくて、部屋から一歩もでれなかったのです。

その態度に福沢諭吉は、怒り、腹を立てます。

それからは、日本に帰ってからも海舟と諭吉は仲が悪かったといいます。

けっこう有名な話なのです。

 

直、海舟は、船酔いで何の役にも立たなかった船長のイメージが強いようです。

それでいて、アメリカのサンフランシスコに着いたら、バリバリに船長面で威張っていたのだそうですよ。

 

こちらの記事で、福沢諭吉について、カンタンにわかり易く紹介しています。

>>>福沢諭吉ってどんな人物?5分で知る偉人!

 

3,坂本龍馬との関係は?

海舟と坂本龍馬との関係について。

海舟がつくった海軍学校に、龍馬がいました。

海舟は龍馬にとって先生です。師弟関係なのです。

 

馬は、幕府から紹介状を通して、海舟のもとへ訪れます。

その時、海舟は、「世界の様子、海軍の必要性」を話しました。

龍馬は感服し、その場で弟子になりました。

 

馬は心の底から海舟を尊敬していました。

龍馬の姉・坂本乙女(さかもとおとめ)に書いた手紙にも、海舟のことを「日本第一の人物」と書いています。

また、弟子として、海舟の「海軍操練所」を開くために、海舟の手足となって働き、それを自慢しています。

 

舟も龍馬のことを、とても可愛がっていました。

現在の日本の、外国との交流は、勝海舟と坂本龍馬なしではありえなかったと言われています。

 

こちらの記事で、坂本龍馬について、カンタンにわかり易く紹介しています。

>>>坂本龍馬ってどんな人物?大政奉還ってなに?

 

4,めっちゃ女好きだった?

海舟は、めっちゃ女好きだった事で有名です。

妻と、数人の愛人と一緒に暮らしていたのだそう。

愛人は4,5人ほどいたそうで、彼の子を妊娠した女性は、8人以上いるとのこと。

相当なヤ◯チンですね。(・∀・)

 

「英雄、色を好む」なんて言いますが、本当ですね。

あの豊臣秀吉なんて、側室が20人いたりしましたからね。(・∀・)

 

5,犬が超キライだった!

海舟は犬が大嫌いだったそう。

なんでも小さい頃に、犬にキン◯マを噛まれて死にかけたことがあるらしいですよ。(・∀・)

 

 

6,剣術も凄かった?流派は?

海舟は剣術も凄かったようです。

流派は、直心影流剣術(じきしんかげりゅうけんじゅつ)。

免許皆伝です。

 

この流派は、初太刀、最初の一撃を決めれば相手を倒せるという方法です。

猿叫(猿の絶叫)といって声で、「キェーイ!」と威嚇するのも特徴です。

 

こちらが勝海舟の刀です。

画像・水心子正秀(すいしんし まさひで)

47172

この刀は、水心子正秀(すいしんし まさひで)といい、勝海舟の刀として有名です。

しっかり反りがある、実戦向きの刀です。

江戸時代はあまりに平和過ぎたので、多くの武士が剣術を忘れていました。

勝海舟は人を斬ることは好まなかったようです。

 

7,子孫は続いてる?

海舟の子孫について。

彼の子孫は続いています。

 

姓は変わっていますが、高山みな子さん。

コチラの方。

画像・高山みな子さん。

katsu2

高山みな子さんは、ガラス工芸の作家です。

 

と有名なのは、バイクの「カワサキ」。

川崎重工業に吸収された、目黒製作所の創設者が、勝精(かつ くわし)という人物で、こちらが勝海舟の子孫です。

つまり、勝海舟の子孫が、今の「カワサキ」のバイクの起源なのです。

 

 

8,名言がかっこいい!

海舟の名言

彼は多くの名言を残しています。

 

勝海舟の有名な名言は、

「敵は多ければ多いほど面白い」

「世の中に無神経ほど強いものはない」

「行いは俺のもの、批判は他人のもの。俺は知ったこっちゃない」

同僚に嫌われていた彼らしい言葉です。

なんとも剛胆で、男らしい人だったということがわかります。

偉くなる人というのは、だいたい無神経ですよね。(・∀・)

 

 

まとめ

勝海舟を5分で!坂本龍馬との関係や子孫、名言、剣道の腕前についてでした。

 

勝海舟について、かんたんに語るポイントは、

・江戸の町を戦争から守った!

・軍艦・咸臨丸(かんりんまる)の船長!

・めっちゃ女好き!

・幕末の偉人たちと交流が多い!(坂本龍馬、西郷隆盛、大久保利通、吉田松陰などなど)

 

こんな感じでどうでしょう。(・∀・)