氏家卜全の生涯を解説!美濃三人衆の一角として活躍した武将

氏家卜全という武将は、その名前が与えるインパクトから生涯は知らなくても名前を聞いたことがあるという方も多いかもしれません。

実際、『生徒会役員共』で知られる漫画家の「氏家ト全(うじいえとぜん)」先生のペンネームには明らかに彼の影響が見て取れます。

ちなみに、彼の名前は「とぜん」ではなく「ぼくぜん」と読みます。

 

しかし、その生涯に関してはあまり知名度が高いとは言えず、ご存知ない方も多いでしょう。

そこで、この記事では彼の生涯を解説していきます。

 

元々は美濃斎藤氏に仕え、家臣の中でも重要な役割を担った

氏家卜全は、その生年がハッキリとは分かっていません。

ただ、活躍の時期を考えれば16世紀前半に生まれたと考えるのが妥当です。

卜全が生まれた氏家家は代々美濃国の守護である土岐氏に仕える家系で、彼もまた土岐氏に仕えていたと考えられます。

 

ただ、「マムシ」の二つ名で知られている齋藤道三が家督を奪い取ったことで土岐氏は没落。

美濃は斎藤氏が治める地域となりました。

ここでも卜全は没落するどころかさらに出世を果たしたようで、特に道三の跡を継いだ二代目の斎藤義龍には重用されていたようです。

 

卜全は大垣城の管理を任されたほか、安藤守就稲葉一鉄と並んで「美濃三人衆」と呼ばれるようになり、美濃国における実力者として内外に認知されるようになっていきます。

当時の美濃国は隣国尾張の織田信長によって攻め込まれていましたが、彼らを中心とした強力な家臣団を前に信長でさえも手を焼いたほどです。

 

しかし、義龍が急死して三代目に斎藤龍興が跡を継ぐと、しだいに現状が変化していきました。

龍興はかなり若くして当主の座についたため政治を家臣に任せていたと考えられ、家中の統率が取れなくなっていったようです。

この現状を憂いた家臣の竹中半兵衛安藤守就は、永禄7年(1564年)に家に蔓延する緩みを改善すべく斎藤氏の本拠・稲葉山城を乗っ取るという強硬手段に打って出ました。

卜全もこれに協力したとされており、彼も主君に対する不満を高めていたことがよくわかります。

 

斎藤家を見限り、信長家臣として天下布武に貢献

クーデターは龍興への嘆願に近いものであったため半年後には城が返還されていますが、家臣らの不満が改善されることはありませんでした。

さらに、尾張国を統一した信長が本格的な侵攻を企て、家臣らの中には彼に味方する者が出るようになります。

 

当時実力者として知られていた卜全のもとにも、信長のもとから内応の誘いが届きました。

彼はかねてより感じていた主君への不満から内応を決断し、美濃三人衆がそろって信長の支配下に組み込まれることになります。

 

国内の有力者を味方に付けたことが決定打となり、永禄10年(1567年)には信長が稲葉山城を襲撃。

有力な国人が離反していた斎藤家には抗う力がなく、落城の末龍興が国内に落ち延びて滅亡してしまいました。

 

この後は信長軍団の一員として彼の天下取りに貢献し、すぐに長年彼に仕えてきた譜代の家臣らと変わらない待遇をされるようになったようです。

これは、信長がかねてより彼らと対峙することでその実力を熟知していたからかもしれませんね。

 

ちなみに、卜全はこのころ出家を経験し、我々がよく知る名の「卜全」はこの時に名乗り始めたものです。

したがって、彼の本名は「氏家直元」であり、当時の史料などにはこの名前で登場しています。

 

陣中で命を落とすも、氏家家は名門に成長した

信長からかなりの信頼を獲得していた卜全。

しかし、彼の命運はここまででした。元亀2年(1571年)、伊勢長島にて勃発した一揆を討伐した際、退却軍の殿を務めることになりました。

この殿という役割は非常に危険なものでもありましたが、一方で重要なものでもあったため、彼も意気に感じたことでしょう。

 

しかし、卜全は退却戦の最中で一揆勢に手を焼き、最終的には討ち死にの憂き目を見ることになりました。

卜全の死後、跡を継いだのは長男の氏家直通です。

主君が急死してから落ちぶれていく家も珍しくはありませんが、氏家家は引き続き勢力を維持します。

 

天正元年(1573年)にはかつての主君である龍興を逃亡先の越前国で討ち果たすと、父と変わらぬ、ないしはそれ以上の信頼を信長から獲得しています。

これによって氏家家は栄え、やがて名のある一族と目されるようになるのです。

 

こうして戦国を生き延びた氏家家ですが、関ケ原で西軍に味方したことが影響して改易処分を課せられて状況が急変。

一家は離散し、直通の跡を継いだ氏家行広は浪人として復讐の機会をうかがっていました。

 

そして、慶長20年(1615年)の大坂夏の陣にて豊臣方が敗れたことにより、大坂城で自刃しました。

これによって彼の子どもたちも処刑され、氏家家は滅亡することとなりました。

 

【参考文献】
横山住雄『斎藤道三と義龍・龍興』戎光祥出版、2015年。
和田裕弘『織田信長の家臣団―派閥と人間関係』中央公論新社、2017年。
谷口克広『織田信長家臣人名大辞典』吉川弘文館、2010年。

(筆者・とーじん)

NO IMAGE
Twitterで最新記事をチェックしよう!