タイラス・ウォンってどんな人?ディズニー名作「バンビ」の生みの親

スポンサーリンク

タイラス・ウォンといえば、美術家で芸術家。

ディズニーやワーナー・ブラザースと深く関わり、彼なくして今のエンターテイメントはないというほどです。

今回、タイラス・ウォンのかんたんな経歴やっぱり1番の偉業は「バンビ」について、紹介していきますよ。

 

タイラス・ウォン、プロフィール

タイラス・ウォン(Tyrus Wong)
国籍:アメリカ
出身地:中華人民共和国 江門市 台山市
生誕:1910年10月25日
死没:2016年12月30日

芸術家、美術家

 

かんたんな経歴、何した人どんな人?

イラス・ウォンは、現在の中国江東省に生まれました。

9歳で、父親といっしょにアメリカに移住します。

それからずっとアメリカ暮らしで、国籍もアメリカとなります。

(事情は謎ですが、このときから別れた母、姉とは生涯連絡をとらなかったそうです。)

 

学の時、学校の先生から美術の才能を見出され、さらに美術に没頭しました。

そして28歳くらいで、ウォルト・ディズニー社に就職しました。

ディズニー社では、「ミッキーマウス」や「バンビ」の動画制作に関わりました。

特に深く関わった「バンビ」は、彼を伝説とされるほど大作になりました。

しかし彼自身は入社から3年後、映画「バンビ」が公開される前に引退しました。

 

その後、ワーナー・ブラザースに就職

ワーナー・ブラザースも超有名で、トムとジェリーとかハリーポッターとか紹介しきれないくらい大作を出しています。

58歳くらいで引退しました。

 

退後は特に凧にハマり、芸術的な凧の作品をたくさんつくりました。

その他にもいろいろな芸術作品を残しました。

 

そして2016年12月29日、106歳で亡くなりました。

死因については公表はありませんが長寿でしたし、老衰だったか、何らかの病であったと思われます。

 

スポンサーリンク

やっぱり1番の偉業は「バンビ」

イラス・ウォンの1番の偉業といえばディズニーの名作映画「バンビ」の原画を担当したことでしょう。

「バンビ」ってどんなだったっけ?って人はこちら。

YouTubeのディズニー公式にこんな動画がありました。

超有名な鹿ですね。(・∀・)

 

彼はバンビという映画を会社が作ろうとしていると知り、森に実際に入り浸り、ひたすら鹿を描き続けました。

彼がその時描いたと思われるものはこんな感じ。

*日本語訳*
タイラス・ウォンのバンビのためのパステルでの魅惑的な雰囲気と感情は、私にとって大きなインスピレーションの源です。

 

なんだかもの凄いエネルギーを感じますよね。それでいてすごく暖かいような気もします。

これらの絵画をウォルト・ディズニーに見せたところ、一撃でバンビに採用されました。

バンビの生みの親になったことにより、ファンや関係者からは「伝説」と呼ばれるようになりました。

 

ディズニーは、「彼がディズニーのために働いたのは3年間だけだったが、彼が及ぼした影響は計り知れない」とし、「ディズニーレジェンド」という賞を受賞しています。

やっぱり彼の1番の偉業は「バンビ」によって、ディズニーや世界に影響を与えたことでしょう。

 

ょっと豆知識ですが、元々「バンビ」はイタリア語で、「幼い、初心者、素人」のような意味だったのだそう。

でもディズニーのこの映画が有名になってから、「バンビ」は小鹿のことを指すようになったのだそうですよ。

 

まとめ

ということで、
タイラス・ウォンってどんな人?ディズニー名作「バンビ」の生みの親でした。

 

・タイラス・ウォンはバンビの生みの親!

・ディズニーレジェンドという賞を受賞した!

・ワーナー・ブラザースでも活躍した!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます^^

スポンサーリンク

この記事を読んだ方は、こちらもみています。

2 Responses to “タイラス・ウォンってどんな人?ディズニー名作「バンビ」の生みの親”

  1. 名無し より:

    文章が下手すぎる

  2. 通りすがり より:

    生まれた場所が違ってます。英語のWikipediaを確認してね

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ