テレサ・カレーニョってどんな人?世界で有名なピアニストの偉業

テレサ・カレーニョといえば、有名なピアニストですね。

「ピアノの女帝」ともいわれ、その世界では知らない人はいない偉人です。

今回、テレサ・カレーニョのかんたんな経歴偉業や実際の演奏について、紹介していきますよ。

 

テレサ・カレーニョ、プロフィール

マリア・テレサ・カレーニョ・ガルシア・デ・セナ
(María Teresa Carreño García de Sena)

出身地:ベネズエラ
生誕:1853年12月22日
死没:1917年6月12日
享年:63歳

音楽家

 

かんたんな経歴、何した人?どんな人?

レサ・カレーニョは、1853年にベネズエラに生まれました。

お祖父さんは有名な作曲家、父は政治家、母は音楽家の娘ということで、とても上流なお家柄でした。

小さいときから音楽に囲まれていました。おもちゃはもっぱら楽器でした。

 

歳くらいでベネズエラの政変により、家族でアメリカのニューヨークに移住します。

そしてこのころからピアノの練習をビシバシしていました。

 

9歳でニューヨーク・アーヴィン・ホールでピアニストとしてデビューします。

12歳には、ホワイトハウスでリンカーン大統領に御前演奏を披露しました。

 

の後すぐにフランスのパリへ移住します。

22歳くらいでは、オペラ歌手としてもデビューしました。

パリではさらに修行をかさね、ヨーロッパ全体で活躍しました。

 

6歳から1年間ほど演奏旅行に回りました。

これによって、彼女はさらに有名になり、名声を極めました。

 

その後、生涯にわたり音楽家として活動し、75にもなる作品を残しました。

最期はマンハッタンの自宅で亡くなりました。

 

偉業について

レサ・カレーニョの偉業といえば、最高のピアニストであったことそのものでしょう。

彼女は当時の音楽家のトップレベルでした。

彼女のような人たちが世界の音楽を現代へ導いてきたのです。

 

彼女の演奏がありました。

すごい演奏ですね。(・∀・)

なんとなくとても優しくて力強い、最高のピアニストの演奏なんだなという感じがしました。(・∀・)

そもそも小さいときからリンカーン大統領に御前演奏を披露したりする時点ですごいです。

 

た、彼女は男性によくモテたようで、4回結婚しています。

それぞれ子どもができて、中には有名なピアニストになった子もいます。

最後の結婚は50歳前後で、その相手とは子供はできていません。

華々しい男性遍歴をもつ偉人としても有名なのです。

 

まとめ

ということで、
テレサ・カレーニョってどんな人?世界で有名なピアニストについてでした。

 

・世界的に有名なピアニスト

・幼いときから最期まで、生涯音楽家であった

・かなりモテて4回結婚していた

 

最後まで読んでいただきありがとうございます^^