島津家久の生涯を解説!身分のハンデを実力で跳ね返した軍略家

島津家久(しまづいえひさ)という人物は、現代でこそ「軍略の天才」として語り継がれている武将の一人です。

しかし、彼は他の島津三兄弟に比べると、明らかに低い身分の出というハンデを抱えていたことをご存知でしょうか。

ここでは、決して恵まれた立場になかった家久がどのようにして頭角を現していったのか、そのあたりを史料や文献を用いて解説していきたいと思います。

 

母違いの子として三兄弟とは異なる出自をもつ

天文16年(1547年)、家久は島津貴久の四男として誕生しました。

貴久は島津家当主であり身分的には高いものを有していましたが、問題は彼の母親に関する出自です。

母の正体は本田親康という人物の娘で、彼女は決して高い身分の女性ではありませんでした。

 

さらに、他の三兄弟が貴久の正室に相当する正式な妻の子であるのに対し、彼の母親は貴久の妾、つまり愛人の子という違いがあったのです。

そのため、血統的な身分が大切であった中世の武家社会において、彼の出自は確実に欠点となっていました。

 

しかし、一説ではこの身分的な格差を覆すべく武芸に励んだ家久は、その能力を若いうちから認められていたようです。

彼の祖父が評したところによると、家久は「軍事的なセンスに長けた人物」と語られており、この言葉を鵜呑みにすれば彼の能力は周知の事実であったようです。

 

家久の初陣は他の兄弟から少し遅れた永禄4年(1561年)のことで、15歳という若さながら敵の大将を討ち取るという大功を挙げています。

さらに、永禄10年(1567年)に勃発した国衆との一戦では少数の兵で多勢を撃破するという離れ業をやってのけ、軍略家としての才能をいかんなく発揮したのです。

 

上洛からの帰国後、沖田畷で歴史的勝利を挙げる

天正3年(1575年)には、島津氏の発展を願って伊勢神宮に参拝するべく京都へ向かいました。

この滞在はわずか5か月程度のものでしたが、家久にとっては全てが新鮮で面白い日々を過ごしていたようです。

 

実際に彼は旅の記録を詳細な形で記しており、そこには都の文化人や城の様子など様々な点から目に写ったものを書き止めたようです。

また、この旅は明智光秀との面会も果たしていることから、単純なお祈りに留まらない政治的な意味合いも持ち合わせていました。

 

京から帰国した家久は、天正4年(1576年)に伊東氏が領有していた高原城という城を攻め落とし、ふたたびその力を誇示しました。

さらに、天正6年(1578年)には耳川の戦い大友宗麟による大軍での侵攻を籠城戦で絶え凌ぎ、救援に訪れた島津本隊による「釣り野伏せ」による大勝に繋げる役割を果たします。

 

こうして九州の地を蹂躙する島津氏は、敵対勢力を次々と支配下においていきました。

もちろんその過程で家久も戦勝に貢献しており、同時に日向国の佐土原を領有して同国の支配者という地位も手にしています。

 

領土拡張を進める島津氏は、いつしかもう一つの新興勢力である龍造寺氏と九州の覇権を争う存在にまで成長していました。

両者によるにらみ合いの結果が、九州における勝者を決定づけると目されるようになったのです。

 

そんな最中、兄である義久のもとに有馬晴信という大名から「龍造寺の勢力に押されてどうにもならないので、救援を要請したい」という知らせが届きます。

龍造寺と敵対する島津としては支援を行ないたいところではありましたが、一方で島津から出せる兵力と有馬の手勢を合わせても10倍近い兵力差が存在するという有様でした。

 

この無茶な戦を一手に引き受けたのが家久で、彼は有馬の領地に乗り込むと戦の地を「沖田畷」という狭い沼地に定めたのです。

以降徹底して防備を固めた家久は、兵を三手に分け手薄な中央を攻めてきたところを挟撃する「釣り野伏せ」の陣形を構えて龍造寺を待ちます。

 

圧倒的大軍をもって攻め込んできた龍造寺は多少の慢心もあったようで、兵力にものを言わせて積極果敢に攻めてきました。

そこで伝家の宝刀「釣り野伏せ」が発動し、閉所で挟撃を受けた龍造寺軍は大混乱に陥ります。

その隙をついて龍造寺の本陣を襲撃した家久方は敵の大将を討ち取ると、最終的に大逆転勝利を収めるのでした。

この戦によって龍造寺の勢力は急速に衰退し、島津の九州平定は目前にも思われましたが…。

 

秀吉の介入に降伏するも、突如として急死

龍造寺を打ち倒した島津氏は、最後に残された大友氏を支配下に置くことで九州を平定しようと目論みました。

しかし、大友氏が中央の豊臣秀吉に救援を依頼したことで状況に変化が生じていきます。

天正14年(1587年)には秀吉の差し向けた先発隊が九州に上陸。

これを家久が戸次川で首尾よく撃退することに成功するものの、遅れて上陸した秀吉本隊を前に大敗を喫してしまいました。

 

この結果を受けて「もう勝ち目はない」と判断した家久は敵総大将である豊臣秀長と単独で講和し、彼の家臣として待遇されました。

しかし、家久は同年に突如として急死。

タイミングから暗殺説なども囁かれましたが、検証を進めていくとどうやら本当に病死してしまっていたようです。

 

【参考文献】
『国史大事典』
三木靖『薩摩島津氏』新人物往来社、1972年。
新名一仁編『中世島津氏研究の最前線 ここまでわかった「名門大名」の実像』洋泉社、2018年。
歴史群像編集部編『【全国版】戦国時代人物事典』学研パブリッシング、2009年。

(筆者・とーじん)