新一万円札の顔・渋沢栄一は日本資本主義の父だった!

2024年より新紙幣一万円札の顔となることが決定したことで、にわかに渋沢栄一に注目が集まっている。 私が渋沢栄一を知ったのは、司馬遼太郎の小説『最後の将軍』であった。 百姓の出ながら勤王の志士となり、その後一橋慶喜の家臣となるスト … 続きを読む 新一万円札の顔・渋沢栄一は日本資本主義の父だった!