榊原康政の生涯に迫る!武勇で鳴らした徳川家きっての武闘派

徳川家の家臣には、忠実で勇猛な人物が数多く仕えていました。

著名なところですと、本多忠勝井伊直政あたりが挙げられるでしょうか。

今回紹介する榊原康政(さかきばら やすまさ)も、地位・武勇ともにそうした人物たちと肩を並べる武将の一人です。

しかしながら、その活躍に対してやや知名度が劣る印象も否めず、現代においては過小評価気味になってしまっているという一面もあります。

そこで、この記事ではあまり知られていない榊原康政の生涯をご紹介します。

榊原康政

 

優れた武勇で家康に抜擢されていく

康政は、天文17年(1548年)に徳川家の家臣である榊原家に生まれました。

彼は榊原の中でも分家筋にあたる家柄の出身であり、身分としては決して高いものでもなかったようです。

 

ところが、康政は非常に早い時期から家康に見定められていたようで、永禄3年(1560年)に若干13歳の若さで家康の側近となりました。

家柄からは考えられないような出世の裏側には、ごくごくシンプルに彼の非凡な能力が関係していたようです。

血統主義の戦国時代にこれだけ早くから重用されるとは、大きな期待をかけられていたのでしょう。

 

康政は永禄6年(1563年)に家康を裏切った酒井忠尚を討伐するための部隊に選出されると、翌年にはこの若さで与力を帯同させることを許されています。

さらに、徳川家の軍制改革で「旗本先手役」という家康の傍に仕え、戦でも先陣を切って戦う役職に命じられるなど、まさにトントン拍子で出世していきました。

 

家康の勢力拡大に貢献する武勇を見せつけた

康政の戦における活躍は非常に目立っており、元亀3年(1572年)に家康と武田信玄の間で勃発した三方ヶ原の戦いにおいては敵陣で奮戦を重ねました。

信玄の強力な軍勢を前に敗れこそしましたが、彼自身は戦場で存在感を発揮しました。

 

以後、康政は家康が参加した主要な戦には絶えず付き従うようになっていきます。

この時期の家康は織田信長の影響下にあり、それゆえ信長が出陣した姉川の戦い長篠の戦いなどにも家康軍の一員として出陣しました。

 

しかし、天正10年(1582年)に信長が本能寺で討たれると、彼に付き従っていた家康の身も危ぶまれるようになりました。

家康は伊賀国(現在の三重県付近)をわたって国へ帰ることを決意し、この困難窮まる伊賀越えにも康政は付き添っています。

 

康政の活躍もあってか無事に帰国を果たした家康は、羽柴秀吉との後継者争いに乗り出しました。

ここで勃発したのが小牧・長久手の戦いであり、康政はこの戦でも活躍を見せます。

 

まず、康政は敵軍へのネガティヴキャンペーンとして「秀吉は信長公の恩を忘れた不義の者」と言いふらす檄文を広めました。

この振舞いに秀吉はたいそう腹を立てたと伝わっており、「康政を討ち取った者には望みの恩賞を取らせる」とまで宣言したようです。

 

最終的にこの戦は両者引き分けで幕を閉じますが、康政は秀吉を激怒させながらも討ち取られることはありませんでした。

また、この頃には康政が見せてきた武勇が徳川家中だけでなく諸国にまで伝わっており、他国の人物から家康への口利きを依頼されることも少なくなかったようです。

この事実が示すところは、康政という人物の存在が他国に知れ渡っていたことを象徴するとともに、彼を「家康の側近である」と認知する動きがみられたということでしょう。

康政の忠義は、日本中で評判になっていたようです。

 

家康から高く評価されるも、晩年はやや冷遇されたか

康政が家康から高く評価されていたことを示す根拠として、徳川家が関東に入った際の石高が挙げられます。

彼が家康から与えられた領地は上野国(現在の群馬県付近)10万石でした。

これによって家臣の中でも屈指の高給取りとなった康政は、以後も家康の重臣として振舞うようになりました。

 

また、康政は家康の嫡男秀忠の補佐を命じられ、慶長5年(1600年)の関ケ原の戦いに際しては、秀忠に付き従う別動隊として戦に参加するはずだったのです。

しかしながら、秀忠隊は上田城の攻略に手間取ったことで関ケ原本陣に参加できず、これによって家康は激怒したと伝わっています。

 

幸いこの遅参は秀忠の責ということで康政が処罰されることはありませんでしたが、江戸時代の康政は政治の中枢から遠ざかっていくことになります。

もっとも、これは康政だけの問題でもなく、同じく武勇でならしていた本多忠勝など、これまで家康に厚遇されていた人物たちであっても冷遇を免れませんでした。

 

この処置については今でも原因がハッキリしないのですが、戦国時代が終わったことで武勇に秀でた人物たちの居場所がなくなったというものと、後進に政治を譲るべく自ら身を引いたというものがしばしば指摘されます。

こうして表舞台から姿を消した康政は、慶長11年(1606年)に59歳でこの世を去りました。

 

【出典】
煎本増夫『徳川家康家臣団の事典』東京堂出版、2015年。
菊地浩之『徳川家臣団の謎』KADOKAWA、2016年。

(筆者・とーじん)