斎藤義龍の生涯とは?道三を追放し美濃を平定した斎藤家の二代目

戦国時代の美濃国といえば、主役として語られるのはやはり斎藤道三でしょう。

司馬遼太郎「国盗り物語」における活躍を見て、戦国時代に興味を持ったというファンも少なくないかもしれません。

 

一方、彼の活躍に対する注目とは裏腹に、その息子である斎藤義龍(さいとうよしたつ)についてはあまり注目されることがありません。

では彼が愚鈍だったかといえばそうではなく、美濃国の平定や制度面の近代化に貢献したのです。

そこで、この記事では義龍の生涯を解説していきます。

なお、彼は生涯で何度も名を変えていますが、表記上は「義龍」で統一しますね。

肖像・斎藤義龍

 

道三と対立し、彼を美濃から追放した

享禄2年(1529年)、義龍は道三とその側室深芳野の間に生まれました。

家督を継承するまでの事績について詳しいことは分かっていませんが、天文23年(1554年)には家督を継承し、父からの世代交代を果たしたようです。

 

ところが、身を引いたはずの道三との対立は深まっていきます。

その証拠か、生涯で何度も名を変えている義龍は、この時期に「范可」という名前を名乗っていました。

これは、中国の故事で「父親を殺害した話」を元ネタとしていて、道三追放はかねてからの計画であったことをうかがわせます。

 

そして、弘治元年(1555年)の合戦で道三を攻めるとこれを権力の中枢から追放。

美濃においての実権を確保しました。

さらに、追撃の手を緩めることなく、翌年には長良川の戦いで彼を敗死させています。

 

戦勝の大きな要因としては、美化されて語られることの多い道三の「国盗り」が、前守護の土岐頼芸を無理矢理追放するという強引な手段を伴うものであったことから、土岐氏を支持する国人衆が対立する義龍側に回ったことがしばしば挙げられます。

こうして道三との死別を果たした義龍はかつて父を支持していた国内の勢力を一掃し、旧道三領を自身の家臣に対して与えていきました。

 

信長とせめぎあい、官位の獲得によって体制を安定させようとした

道三を首尾よく追放した義龍でしたが、そのことによって新たな敵が誕生しました。

その人物は、戦国でもトップの知名度を誇る織田信長です。

信長の正妻である濃姫は道三の娘であり、それゆえに彼は道三支持の題目から美濃への侵攻を目論むようになっていきました。

 

その流れに対し、義龍は信長の兄弟であった織田信広織田信勝ら、「反信長」の思想を見せていた人物らを懐柔しにかかりました。

義龍と彼らの密約は順調に進んでいたようで、そのことをうかがわせる書状が何点か発見されています。

ただ、義龍による懐柔策は信長も察するところであったようで、彼ら兄弟はやがて裏切り者として処断されることになりました。

それでも、続いては信長のいとこである織田信清と通じ、この同盟関係は義龍急死後の犬山城をめぐる戦いに発展していきます。

 

ちなみに、信長以外との対外関係としては、当初浅井氏の娘(近江の方)を正室として迎え入れていたことから彼らと同盟関係にありました。

ところが、後年になって浅井氏ではなく六角氏との協力関係を構築するタイミングでこの妻を浅井領へと送り返しています。

 

このような対外政策をとっていた義龍は、もう一つの策として「官位の獲得による権威誇示」を目指しました。

義龍は大名の立場にありましたが、一方で「頼芸を裏切った成り上がり者のせがれ」という風評を受けていたようで、位を得ることによりその部分を補強しようとしたのでしょう。

 

彼は朝廷や将軍家へと積極的に働きかけ、「治部大夫」「相伴衆」「左京大夫」などの名誉ある役職に就任。

こと官位の面から見れば戦国大名の中でもかなりのネームバリューを誇りました。

 

さらに、足利義輝より一字を拝領し、義龍は自身の名を「義龍」と改名したほか、姓を斎藤から一色に改めることでさらに権威を強めようとします。

こうした義龍の官位獲得路線は現代から見ると単なる名誉欲とはいえないものの、同時代の民衆からはそう考えられていたようです。

その証拠か、義龍の出世欲を揶揄する落書きの記録が文書に書き残されています。

 

義龍の急死により美濃の政情は一変

官位の獲得によって権威を確保しようとしていた義龍ですが、彼の試みは実を結ぶことなく終わってしまいました。

その理由は単純で、せっかく官位を手にした直後の永禄4年(1561年)に32歳という若さで急死してしまったためです。

義龍の死によって、美濃の政情は大きく変わっていくことになりました。

 

まず、義龍の官位獲得が遠因となってくすぶっていた「別伝の乱」という宗教紛争が後ろ盾を失ったことで終結し、乱の首謀者である僧の別伝らは美濃からの逃走を余儀なくされます。

さらに、義龍の死というタイミングで本格化した信長の攻勢を、彼の跡を継いだ斎藤龍興は防ぎきることができません。

こうして美濃は信長の軍門に下り、龍興は国外へと逃亡。

三代にわたって続いた美濃斎藤家(道三始祖)はここに滅びました。

 

【参考文献】
横山住雄『斎藤道三と義龍・龍興:戦国美濃の下克上』戎光祥出版、2015年。
木下聡「総論 美濃斎藤氏の系譜と動向」『論集 戦国大名と国衆16 美濃斎藤氏』岩田書院、2016年。

(筆者・とーじん)

Twitterで最新記事をチェックしよう!