斎藤龍興の生涯を解説!信長に翻弄され続けた三代目

斎藤龍興(さいとうたつおき)という人物は、美濃の「国盗り」で名高い美濃斎藤氏の三代目にあたります。

祖父である斎藤道三は戦国ファンからの支持も厚く、小説やドラマなど数多くの作品でご存知の方も多いと思います。

 

しかし、龍興という人物の生涯については、あまり顧みられることがありません。

彼の代で斎藤家が滅亡してしまったということもあるのですが、何よりも彼と敵対した織田信長の印象が強すぎることも影響しているでしょう。

画像・斎藤龍興

若くに当主となるも政治面で苦戦

龍興は、天文16年(1547年)に斎藤家二代目の斎藤義龍の息子として誕生しました。

母については諸説あり、浅井系の近江の方とも、彼の家臣としても活躍する長井道利の娘ともいわれていますが、ハッキリしたところは分かっていません。

 

彼が歴史に登場するのは永禄4年(1561年)、年齢にして15歳の頃です。

この年、父であり現当主である義龍が突如として病死してしまいます。

彼の死によって後継を任されたのが龍興で、ここから斎藤氏の当主として奮闘していくことになります。

 

ただし、幼い彼が政治の実権を握っていたわけではないようで、実際は家臣らが合議の上に政治を担当していたようです。

もっとも、当時の美濃国内には尾張の織田信長との抗争や旧態依然とした家臣団の構成から生じる問題などが山積しており、龍興も終始手を焼いていくことになります。

 

義龍の死からわずか2日後、信長が軍隊を編成して美濃の攻略を試みました。

このスピーディーな作戦そのものには龍興もよく対処したため、この際は信長も深追いはせずに撤退しています。

 

しかし、永禄5年および6年の時期には大きな戦が起こらなかったことで、美濃国内には士気のゆるみが出ていたようです。

これは隣国の信長が美濃のような対外攻略ではなく尾張国内の統一に専念していたためで、最大の敵である彼の侵攻がなかったことが原因と考えられています。

 

家臣の離反やクーデターにより家が瓦解していく

家中の士気を問題視した竹中重治安藤守就といった龍興の家臣らは、彼に対して厳しく指導するように求めていました。

しかし、言葉による訴えでは一向に改善がみられず、しびれを切らした彼らは斎藤氏の本拠である稲葉山城を武力で占領するという手段に打って出ます。

最終的に城を半年ほど占領して龍興にお灸をすえた後、稲葉山城については支配を解除して返還しました。

この出来事は大事に至らず幕を閉じたものの、家臣らの反発ぶりを見れば家中で龍興の影響力が低下していることは明らかでした。

 

実際、加治田城という城を任されていた佐藤忠能という人物は龍興を見限って信長と同盟を結んでおり、永禄9年(1566年)には再度美濃への侵攻を試みます。

この際はいくつかの城を攻め落とされ、美濃の中部を実質的に支配されるなど手痛い敗戦を喫することになるのです。

 

この際、信長への対応が遅れた原因としては、「あいつは尾張に手一杯で美濃を本気で落としには来ないだろう」という類の慢心があったと指摘されることもあります。

さらに、美濃国内で力を持っていた遠山氏という一族も秘密裏に信長と手を組み、着々と美濃の勢力図は塗り替えられていったのです。

 

信長によって国を追われ、再興を果たすことはなかった

永禄9年(1566年)の美濃侵攻によって、彼らの勢力や織田家への姿勢を確認した信長。

攻め滅ぼすことは辞さない一方で家臣らの力に一目置いていた信長は、龍興配下の将にさらなる内応を呼びかけます。

 

そこで信長と接触したのは、西美濃三人衆と呼称される美濃国内の実力者たちでした。

彼らは古くから斎藤家に仕えている身ではありましたが、戦況を鑑みて信長への内応を約束します。

 

こうして石橋を叩き外堀を埋めた信長は、ついに永禄10年(1567年)、龍興が居を構える稲葉山城へと攻め込みました。

ここに稲葉山城の戦いが勃発し、家臣らの内応によって骨抜きになっていた龍興方は大敗を喫してしまいます。

 

最終的に彼は城を追われ、数少ない家臣らと共に伊勢へと落ち延びていくのでした。

こうして、斎藤道三から三代にわたって美濃に君臨した美濃斎藤氏は滅亡し、同地は完全に信長の支配下へと組み入れられてしまうのです。

 

ただし、国を追われた龍興も復権を諦めてはいませんでした。

諸国を放浪する傍ら、三好三人衆と結託して信長と戦う道を選択しています。

もっとも、粘り強い戦いこそ見せるものの信長の牙城を崩すまでには至りません。

 

そして、龍興が朝倉氏のもとへ身を寄せていた天正元年(1573年)。

彼らを攻め滅ぼさんとする信長軍の進軍に朝倉方として立ち向かいますが、朝倉全体が敗れたため奮戦及ばず戦場で討たれてしまうのでした。

享年は27歳と伝わり、若くから信長に翻弄された一生を終えてしまったのです。

 

【参考文献】
横山住雄『斎藤道三と義龍・龍興:戦国美濃の下克上』戎光祥出版、2015年。
木下聡「総論 美濃斎藤氏の系譜と動向」『論集 戦国大名と国衆16 美濃斎藤氏』岩田書院、2016年。

(筆者・とーじん)