お船の方の生涯に迫る!不幸を乗り越え続けた直江兼続の妻

直江兼続という人物は、愛一文字の兜や義将のイメージから高い知名度を誇ります。

結論から言ってしまうと彼はこうした表面的な顔だけをもち合わせた人物ではないのですが、女性関係に関してはイメージ通りにお堅い武将でした。

彼が人生で唯一の妻とした女性こそが今回紹介するお船の方(お船)であり、二人の関係性は非常に良好であったと言われています。

 

最初の夫と死別し、兼続が婿として迎えられた

弘治3年(1557年)、お船は直江景綱の娘として生まれました。

直江家は上杉謙信に仕えて上杉家の有力家臣に成長しており、権力にはかなりのものがありました。

しかし、景綱は男子の後継者をもうけることができなかったために、お船の婿として直江信綱という夫を迎えて次期当主の座に据えています。

 

ところが、この当時の上杉家は御館の乱の影響で混乱状態にあり、そこで夫が思わぬ騒動に巻き込まれてしまいます。

なんと、信綱は戦争の恩賞をめぐって争っていた山崎秀仙毛利秀広の喧嘩に巻き込まれてしまい、その結果彼も斬り殺されてしまったのです。

 

当時まだ信綱とお船の間には後継ぎ候補の男子がいなかったため、このままでは名門の直江家が断絶の危機を迎えてしまうことになります。

しかし、主君である上杉景勝はこの断絶を惜しみ、御館の乱で功績を残して彼の側近となっていた樋口兼続という人物をお船の継夫とすることで直江家の存続を目指しました。

 

この結果としてお船と樋口兼続は結婚し、彼は名を直江兼続と改めました。

したがって、二人の出会いは数々の偶然によって成り立ったものであり、まさしく運命のいたずらともいうべき数奇な縁に導かれたのでしょう。

もし信綱が斬り殺されていなければ、いったいお船はどのような生涯を送ったのでしょうか。

 

家内で良好な関係を築くも、子宝には恵まれず…

兼続とお船の関係性は、非常に良好であったと考えられています。

実際、二人は当時にしてそれなりに高齢の結婚であったにもかかわらず、兼続は以後側室をもうけることはありませんでした。

これは単に当時の直江家が側室をもうける余裕のないことを表しているだけという見方もあるようですが、少なくとも兼続が他の女性と公の関係を結ばなかったことは間違いありません。

 

また、お船は景勝の正室である菊姫とも仲睦まじく過ごしていたようです。

彼女たち二人は豊臣秀吉の政策によって人質として上洛させられることになるのですが、都では心細さを二人で乗り越えていたのではないかと言われています。

ただ、当然ながら二人して震えているだけではなかったようで、彼女たちは大名の妻たちと積極的な交流を図って中央情勢を景勝や兼続の元へ知らせていました。

 

この関係性には、お船菊姫も子宝に恵まれなかったという共通点が大きく関係しているのかもしれません。

菊姫は景勝の子を産むことができず、関ケ原後に側室をもうけられてしまい失意のまま亡くなっていますし、お船は後年に子どもこそ生まれるものの、彼らがみな早逝してしまうという不幸な境遇にあります。

そのため、お互いに立場として似たところがあったのです。

 

ただ、彼女たちには手の届かないところで中央情勢は刻一刻と変化していきました。

秀吉の死後、徳川家と上杉家は対立を深めていきます。

ここでお船は体調を崩しがちであった菊姫をゆかりの寺社に託し、京都を脱出して一人国元へと帰還しました。

 

そして関ケ原で西軍が敗れたことにより上杉家が領地を大幅に縮小させられて米沢に転封して以降は、ひっ迫する財政をやりくりする兼続を支えるようになります。

また、生まれつき体調に難があった嫡男の直江景明では家督を継承するのが難しいということで、長女と本多政繁という人物を結婚させて後継者にする手はずを整えていました。

 

しかし、婚姻後まもなく長女が亡くなってしまい、養子縁組の話は立ち消えになってしまいました。

それでも政繁はしばらく上杉家に仕官し、その恩には報いています。

さらに、慶長20年(1615年)には景明までも亡くなってしまい、ここで直江家としては新たに養子を迎えることなく家の断絶を決意することになるのです。

 

兼続の死後は長老として大きな影響力を有するように

元和4年(1619年)、これまで生涯にわたって連れ添ってきた直江兼続がついに亡くなってしまいます。

彼の死を看取ったお船は仏門に入り、貞心院という名を名乗るようになりました。

 

しかし、これ以降のお船はむしろ影響力を強めていき、貧困を極めていた上杉家において3千石という高給を与えられながら藩政にまで参与していました。

これは藩主であった上杉定勝の養育を担当したのが直江夫妻であり、この関係性から影響力が高まっていったものと推測されます。

こうして出家後の余生を全うしたお船は、寛永14年(1637年)に81歳で生涯を終えることになりました。

 

【参考文献】
歴史群像編集部『戦国時代人物事典』、学研パブリッシング、2009年。
鈴木由紀子『直江兼続とお船』幻冬舎、2009年。

(筆者・とーじん)