河野安通志の生涯を解説!日本で初めてプロ野球チームを作った男!

〜日本で初めてプロ野球チームを作った男!河野 安通志(こうの あつし)の生涯を解説〜

現代の日本では屈指の人気を誇っているスポーツ。それが野球です。

高校野球やプロ野球は日本中から注目を浴び、新聞やニュースでその名前を見かけない日はありません。

 

しかし、今では誰もが知るスポーツの野球も日本に輸入された当時は「野蛮な遊び」として教養人に見下され、不良の証として扱われていたという事実があります。

そこで、この記事ではこうした日本野球初期に活躍し、日本初のプロ野球チームを結成した河野安通志(こうの あつし)という人物の生涯を解説していきます。

画像・河野安通志

早稲田のエースとして学生野球で活躍

1884年(明治17年)に誕生した河野は、旧加賀藩の流れをくむ父のもとで育てられました。

そのため、幼少期はかつて加賀藩が存在した石川県で育つことになります。

 

そんな彼が野球に出会ったのは、一家が横浜に移住した1897年(明治30年)のことです。

当時から横浜は大きな港として栄えていた関係で多くの外国人が在留し、そこには野球発祥の地であるアメリカ人も含まれていました。

在留したアメリカ人たちが余暇を楽しむ方法として本国で親しんだ野球をプレイし、それが横浜に野球を根付かせることになります。

横浜商業高校に入学した河野はそこで野球と出会い、瞬く間に没頭していきました。

 

その後早稲田大学に進学すると才能が開花。

創部間もない早稲田のエースとして活躍し、第一回早慶戦にも登板しています。

また、1905年(明治38年)に早稲田野球部は部長の安部磯雄による判断で当時としては異例ともいえる米国遠征を敢行しました。

 

遠征の結果そのものは本場アメリカの底力に屈し大幅に負け越すことになりますが、河野本人は大リーガー関係者からも「鉄人河野」として高く評価されます。

その証拠に、一説では米国チームからのスカウトもあったようです。

もっとも、これは安部が断りを入れたことでご破算となっています。

 

卒業後も野球とかかわり続け、日本初のプロ野球チームを結成

当時まだプロ野球という職業はなかったため、河野も普通の社会人として生計を立てていました。

それでも、余暇では母校野球部の監督や指導を務めるなど、野球への情熱を失っているわけではありませんでした。

 

ところが、この時期の河野は立て続けに騒動へと巻き込まれることになるのです。

まず、1911年(明治44年)に東京朝日新聞上で野球の害について論じた『野球害毒論』の記事において、河野の名を騙り「彼が野球をしていたことを悔いている」という内容が掲載されました。

 

河野は一切このような発言をしておらず、ねつ造記事に対して猛抗議します。

抗議当初はマスコミに無視されることもありましたが、朝日のライバル紙である東京日日新聞に彼の反論記事が掲載されると風向きが一変。

ようやく朝日も河野の反論を認め記事としました。

 

また、1917年(大正6年)には早稲田内部の権力闘争に端を発する「早稲田騒動」が勃発します。

河野は天野為之という人物に味方し「天野派」として騒動に加担しますが、最終的には敗れて早大を去ることになったのです。

 

日本初のプロ野球チームを結成!しかし…

早大を追われた河野でしたが、彼には大きな野望がありました。

それは、かつてアメリカ遠征で目の当たりにした「プロとアマの絶対的な差」を埋めるために、日本にもプロ野球チームを誕生させるというものです。

 

この野望は、1920年(大正9年)に同じく早大野球部出身の押川清橋戸信らとともに「芝浦運動協会」という日本初のプロ野球チームを発足させることで実現しました。

このチームに特筆すべき点は、戦前にも関わらず現代では当たり前となっている「フランチャイズ制」を試みたことです。

こうして先進的な制度を取り入れた未知の挑戦が始まりました。

 

芝浦運動協会は、発足当初一定の人気を博すことに成功します。

早大野球部や1年遅れて誕生したプロチーム「天勝野球団」とも試合を実施しました。

しかし、彼らの所有していた芝浦球場は関東大震災の復興基地として無断で差し押さえられました。

その後も返還されることはなく、フランチャイズの夢が実を結ぶことなくチームは解散を余儀なくされたのです。

 

それでもプロ野球を諦めきれなかった彼は、阪急の社長である小林一三の支援により「宝塚運動協会」としてチームを再始動させます。

しかし、このチームも1929年(昭和4年)の世界恐慌による景気冷え込みの煽りを受け、またもや解散を強いられました。

 

その後、河野は早大野球部と関わるようになりましたが、部員や他スタッフとの折衷に苦労します。

そんな最中の1936年(昭和11年)には現在の日本プロ野球につながるプロリーグが組織され、河野も二つ返事で参加することになります。

 

しかし、夢にまでみたプロ野球界での生活は、決して華々しいものではありませんでした。

早大野球部時代に対立していた人物がプロ野球界に大きな影響力を発揮し、河野の目論見はことごとく阻まれることになってしまったためです。

結局、終戦直後の1946年(昭和21年)に、河野は失意の中で61歳の生涯を終えるのでした。

 

【出典】
小川勝『幻の東京カッブス』毎日新聞社、1996年。
横田順也『快絶荘遊〔天狗倶楽部〕;明治バンカラ交遊録』早川書房、2019年。

(筆者・とーじん)

Twitterで最新記事をチェックしよう!