解体新書は日本を植民地の危機から救った?

日本を植民地の危機から救った奇跡の書 ~解体新書~

1774(安永3)年、5巻からなる医学書が出版されました。その医学書の名は、『解体新書』

この解体新書は、オランダ語で書かれた医学書『ターヘルアナトミア』を翻訳した書物で、中津藩医の前野良沢、小浜藩医の杉田玄白、中川淳庵が中心となって翻訳したものでした。

この3人以外にも、蘭学を学んでいる多くの人たちが協力して出版された、画期的な医学書でした。この本の出版によって、日本の医学は大きく発展したのです。

しかし、解体新書が日本にもたらしたのは、それだけではありませんでした。西洋列強による植民地化から日本を救うことにもつながったのです。

今回は、日本を救った奇跡の書といえる解体新書の物語をお伝えします。

日本に大きな変化をもたらした解体新書

 

すべては刑場から始まった

解体新書出版から遡ること三年の1771(明和8)年3月。江戸の小塚原処刑場に前野良沢、杉田玄白、中川淳庵の姿がありました。

ここで、3人は、処刑者の遺体を解剖する腑分けを見学に来ていたのです。

そこで3人は、代々伝えられてきた内臓図とターヘルアナトミアの内臓図を見比べ、ターヘルアナトミアの図の正確さに驚きました。

――もし、このターヘルアナトミアの内容を多くの医師が知ることができれば、日本の医学は大きく発展する―― そう確信した3人は、翻訳事業を協力して行おうと決意しました。

しかし、それは地獄ともいえる日々の始まりとなったのです。

翻訳作業をリードした前野良沢

 

手探りの翻訳

実は、当時、蘭語辞典はありませんでした。でも、オランダとの交易はあったのだから、言葉はわかるのではないか、と思われる方もいらっしゃるでしょう。

ところがそうでもなかったのです。確かに交易は日本人通訳がおり、会話はできました。

しかし、オランドの文字、しかも辞書ができるまでにオランダ語の知識がある日本人は皆無だったのです。

 

徳川吉宗に仕えた青木昆陽が、晩年になってオランダ語の単語帳と言える、和蘭文字略考などを記していますが、当時解読できるオランダ語の単語はわずか800文字程度でした。

その乏しい知識で、医学書を翻訳するのは、常識的に考えて無謀です。

しかし、3人は不屈の努力で翻訳作業を進めていったのです。

 

絶望的な翻訳作業

杉田玄白が晩年になって記した『蘭学事始』で、この時の翻訳作業の様子を伺うことができます。
最も有名な『フルへヘンド』の逸話を紹介します。

フルへヘンドという言葉がわからない3人は、別のフルへヘンドの記述をしている本を探し、前後のわかる単語から、「庭をはくと、集塵がフルへヘンドする」というところまでは理解します。

そして、他の本での記述から類推して、フルへヘンドとは『堆い(うずたかい・積み重なって高く盛り上がっている)』という意味ではないかと推定します。

そこで、ターヘルアナトミアの記述を見ると、『顔の中央でフルへヘンドする』というところまで解読に成功。

顔の中心で盛り上がっている場所は『鼻』だ、とわかるというものです。翻訳というよりは推理に近いものでした。

こうして辞書のない、時間だけが膨大にかかる翻訳作業に没頭すること3年。ついに、解体新書は出版されたのです。

翻訳作業の苦労を後世に伝えた杉田玄白

 

解体新書がもたらしたもの

前野良沢、杉田玄白、中川淳庵らが始めた翻訳作業は、それまでわからなかったオランダ語の文字を解読し、継続して作業でついには和蘭辞書をもたらしました。

和蘭辞書ができれば、蘭書を翻訳することができます。

医学の発展だけでなく、日本にとって革命的な語学の発展まで解体新書はもたらしたのです。

その影響力は、医学に留まらず、化学・農学・物理学・兵学など様々な分野に及び、日本はオランダを通じて、世界最先端の考えをしることができるようになったのです。

 

さらに、蘭学を学ぶハードルが下がったこともあり、蘭学を学ぶ人が増加しました。

その結果、国際的な感覚や知識を身に着けた日本人が続々と生まれました。

 

さらに、開国をした幕末になると、オランダ語だけでなくイギリスやフランス、ドイツなどの学問や言語が入ってきます。蘭学から洋学と言われるようになっていきますが、これらの習得の基礎になったのは、やはり蘭学でした。

この知識や国際感覚を習得した人物で有名なところをあげると、日本の危機を伝え続けた蘭学者・高野長英、外国と日本の差を認識し、攘夷など国を亡ぼすと説いた佐久間象山、幕府海軍の創設に尽力し、海軍伝習所を創設した勝海舟、日本近代陸軍の父・大村益次郎、言論と学問で政府を相手に戦った福沢諭吉といった人物の名があがります。

勝海舟が世に出たきっかけも蘭学でした

 

幕末期に多くの人々が感情論から攘夷を叫び、外国人排斥を叫ぶ中で、こうした知識人たちの存在が、日本を植民地化されることを回避し、今日の日本を創る礎になったのです。

こうした国際知識や国際感覚に優れた人物たちが出るようになったのも、解体新書によって蘭語の翻訳が進んだおかげだといえるでしょう。

 

もし、翻訳が遅れていたら、知識の普及も遅れ、勝海舟のような人物は出ていなかったでしょう。そうしたら、江戸無血開城はあり得たのでしょうか。江戸が守られたのでしょうか。戊辰戦争が激しくなっていたら、外国に付け入る隙を与えていたのではないでしょうか。

そうした日本の危機を回避することができる人物を源泉は、解体新書まで行きつくことができるのです。
解体新書は、正しく救国の書だったと言えるのではないでしょうか。

(筆者・黒武者 因幡)

Twitterで最新記事をチェックしよう!