稲葉一鉄の生涯を解説!「頑固一徹」という名で知られる武将

稲葉一鉄(いなばいってつ)という武将は、文武に優れた織田家の家臣として著名かもしれません。

元々は美濃の有力な国人という立場にありましたが、「美濃三人衆」とともに当主の斎藤家を見限り、織田家臣団の一員となりました。

この記事では、稲葉一鉄の生涯を史料や文献に基づいて解説していきます。

なお、彼の「一鉄」という名は出家後のものであるため、本来は「稲葉良通(いなばよしみち)」と表記するのが適当ですが、ここでは分かりやすさを重視して「一鉄」の名を採用しています。

肖像・稲葉一鉄

 

美濃三人衆の一角として活躍を見せる

一鉄は、永正12年(1515年)に稲葉通則という人物の六男として生まれました。

戦国時代に家督を継承するのは基本的に長男であり、有事の場合であっても大抵は次男がそれを担当しました。

そう考えると、当然ながら六男という生まれは家督から極めて遠い位置にあると言わざるを得ません。

 

そこで、一鉄は僧として生きていくために寺社へと送り出されました。

本来であればそのまま仏道に励んで生きていくところだったのでしょうが、家族を襲った大きな不幸によって彼の運命は変化していきます。

 

大永5年(1525年)に勃発した戦によって、彼の父である通則が討ち死にしてしまいました。

一家の大黒柱を失った武家というのは普通長男が後を継ぐものですが、なんと長男以下五男までがすべて同じ戦で命を落とすという戦国史上でも稀にみる事態に直面してしまったのです。

しかし、幸運にも一鉄だけが仏門に入っていたため生存しており、焦った実家によって武士の世の中へと呼び戻されるのでした。

 

こうして思いもよらなかった家督継承を果たした一鉄は、その才覚を全面に発揮していきました。

美濃の守護土岐頼芸に仕えた彼は極めて優秀な人物として知られており、当時国内で力を持っていた斎藤氏との姻戚関係も後ろ盾となってみるみる力を伸ばしていったのです。

これは美濃の領主が斎藤家に代わってからも不変の立場であったようで、彼はやがて安藤守就氏家卜全と並んで「美濃三人衆」と称されるようになっていくのでした。

 

斎藤家を裏切り織田信長に重用される

美濃国内では実力者として知られるようになった一鉄ですが、主君である斎藤龍興は国をまとめることができず隣国の織田信長に押され放題という始末でした。

この事態を憂いていた一鉄は、信長から内通の誘いを受けるとこれに呼応。

彼を始めとする美濃三人衆の裏切りが決定打となり、永禄10年(1567年)に龍興は美濃国を追われ没落していきました。

 

こうして織田の家臣となった一鉄は、美濃時代から変わらぬ才覚を発揮し続けます。

美濃三人衆は信長に昔からの重臣と同じような形で待遇され、その中でも一鉄は特段の評価を受けていたようです。

 

戦についても「今弁慶」と織田家内外に認知されるほど名を馳せており、軍略家としても単純な力の強さでも家内でトップクラスに位置していたとされます。

この能力は信長にも信頼され、彼が参加した主要な戦には常に一鉄の名が存在しました。

 

さらに、彼の文化人としての教養の高さが身を救ったというエピソードも存在します。

信長が一鉄に謀反の疑いあり、ということで暗殺を決意し茶室に招待した際、中国南宋に伝わる書を読み無罪を主張しました。

その学識に感銘を受けた信長は、彼のことを許したとも伝わっているほどです。

 

こうして織田家中での立場を盤石にした一鉄でしたが、天正10年(1582年)に明智光秀が信長を暗殺する本能寺の変が起こったことで政情が一変していきます。

ちなみに、彼は変に際して光秀との間に家臣の斎藤利三をめぐるトラブルを引き起こしていたようで、光秀が謀反を決意した要因の一つとして考えられることもあります。

 

本能寺以後は秀吉家臣として晩年を過ごす

信長の死後はかねてより光秀と対立していたことも影響してか、すぐさま秀吉への服属を表明しました。

皆さんもご存知のように秀吉は光秀を光の速さで討ち取ったため、一鉄の身も彼によって保証されています。

 

その後は美濃の地を領有する傍ら、新たに岐阜城を任された池田恒興との間に領土をめぐった対立を引き起こしていました。

この騒動そのものは秀吉の仲介によって解消されるのですが、「頑固一徹」の語源になったともされる彼の頑固さがよく表れている出来事でしょう。

 

彼は天正13年(1585年)まで武将として活動を続けていましたが、その翌年に74歳でその生涯を終えます。

それでも、彼の息子たちは江戸時代初期の没落や改易の嵐を乗り切り、幕府からは臼杵藩を与えられて幕末まで家名を繋いでいくことになるのです。

大きな不幸によって一鉄が当主となった稲葉家は、皮肉なことに家族の大量死をキッカケとして飛躍していったともいえるでしょう。

 

【参考文献】
横山住雄『斎藤道三と義龍・龍興』戎光祥出版、2015年。
木下聡「総論 美濃斎藤氏の系譜と動向」『論集 戦国大名と国衆16 美濃斎藤氏』岩田書院、2016年。
和田裕弘『織田信長の家臣団―派閥と人間関係』中央公論新社、2017年。

(筆者・とーじん)

Twitterで最新記事をチェックしよう!