保科正之の徳川への忠義が、悲劇に結び付いた会津藩家訓

スポンサーリンク

保科正之~忠義の心が悲劇に結び付いた会津藩家訓~

江戸時代初期に幕府の政治を担った政治家として有名な保科正之

正之は、大政参与、いわゆる江戸幕府の家老のような役割を担うほど3代将軍徳川家光の信頼厚く、家光の死後は引き続き4代将軍の家綱を補佐しました。

文治政治への転換を図った保科正之

その正之は、家光の異母弟として知られています。

 

密かに保科家に養子に出される

徳川秀忠の御手付き(側室でもないが、将軍と関係した女性)の女性から生まれた正之は、ひそかに信州高遠藩の保科家に養子に出されました。これは、秀忠が妻・お江を恐れたから、とも言われています。

しかし、これは恐妻家としての恐れもあったでしょうが、もう1つの恐れもあったのです。

女子であれば、将来は他の大名家の正室として嫁に出されるため、大奥においておくこともできました。しかし、男子ではその意味が違うのです。将軍秀忠の男子ともなれば、場合にっては、兄をさしおいて将軍になることもあり得ます。(※お江も家光より忠長を将軍にしたかったようですし)この正之の存在を知ったら快く思わない人間は、お江はじめ何人もいるわけです。そんな大奥にいたら、正之は暗殺される危険がありました。

そこで、父・秀忠は、将軍家の血筋であることは隠し、信州高遠藩の養子とすることで正之母子の身の安全を図ったのです。父と名乗らないことが父の愛情であるという複雑な状況だったのでしょう。

今は信州を代表する桜の名所になっている高遠城址

 

保科正之=武田信繁

ちなみに幼いころの正之の教育をしたのが、武田信玄の次女である見性院でした。推測ですが、この時、見性院が正之の生き方の見本として紹介したのが、武田信玄の実弟・信繁だったのではないでしょうか。

信玄は、父を追放し、嫡男・義信を切腹させるほど自分の脅威となる身内に対して苛烈に対応していました。その信玄から絶大な信頼を得たのが、弟の信繁でした。この信繁は、弟ではなく、家臣として信玄に接しました。そうすることで、信玄と対立することはなかったのです。

正之にもその生き方を紹介したのでしょう。そして、その考えが、正之を世に出すことにつながるのです。

 

家光からの信頼を勝ち取る

家光は、実は正之の存在をある程度、早くから知っていました。また、正之は忠長とも面会し、親しくなり、祖父家康の遺品を与えられるほどでした。

しかし、家光・忠長兄弟に悲劇が襲います。諸大名から人気のあった忠長を家光に代わる将軍に、という意見も消えなかったのです。そこで、家光は、弟・忠長を切腹に追い込み、徳川家のお家騒動の芽を摘みました。まだ徳川家も盤石とはいいがたい中、お家騒動を起こせば、再び戦国に戻る可能性がありました。

そうした状況下で、正之はあくまで家臣として家光に接し、家光の信頼を勝ち得ていくのです。

 

正之の抜擢

家光は、正之を信頼し、重職に抜擢していきます。石高は、信州高遠藩3万石から出羽山形20万石に、さらには会津23万石と重要な地への転封と加増を行っていきました。

また、役職の上では、老中の相談役、場合によっては老中の上にたつ大政参与(幕府の家老のような役職、大老に近い)に就き、家光・家綱と、2代に渡って幕府を支えていきます。

 

スポンサーリンク

会津藩家訓

正之は、会津藩主としても、自分の子孫や家臣たちが守るべき掟として、「会津藩家訓」を制定しました。その第一条に「会津藩主は将軍家を守護すべき存在であり、もし藩主が将軍家を裏切るようならば、家臣一同、その主君に従ってはならない」と定め、将軍家への忠誠を家臣一同に浸透させたのです。

これは、家光が臨終に際して、正之に「家綱を頼む」と言い残したほどに信頼してくれたことへの感激があったともいわれています。そして、この家訓が幕末の会津藩の悲劇に結び付いていくのです。

会津藩にとって大きな存在となる家訓

 

幕末の会津藩の悲劇

時代は変わって、江戸時代末期。徳川家の力は落ち、京都は尊王攘夷派の暗躍する都市に変わっていました。その京都を統治する役目の京都所司代も力を失っていました。そこで、徳川幕府は新たに京都の治安維持を目的とする京都守護職を新設し、その役割を会津藩に担わせようとしました。これは、尊王攘夷派の巣窟に一藩で乗り込む危険な役割でした。

最初は固辞した松平容保でしたが、幕閣から「会津藩家訓」を持ち出されると、辞退できなかったと言われています。家臣たちからも反対の声があがりますが、この会津藩家訓を持ち出されると、反対できませんでした。

かくして、会津藩は、幕末の京都に乗り込み、新選組を預かるなどして京都の治安維持の役割を忠実に果たしていきます。その過程で、池田屋事件や禁門の変などの当事者となり、尊王攘夷諸藩の憎しみを一身に受けることになりました。

会津藩家訓には逆らえなかった松平容保

そして、戊辰戦争では、会津藩が懸命に守った徳川慶喜から見捨てられ、江戸無血開城後は、討幕派から仲間たちの仇と目されました。そして、凄惨な会津戦争につながり、会津藩では、白虎隊をはじめ数々の悲劇が生まれていったのです。

保科正之が将軍家への忠義の心から残した家訓が、時代が変わって、その将軍家から裏切られることこそが、会津藩の最大の悲劇と言えるのではないでしょうか。

(筆者・黒武者 因幡)

スポンサーリンク

この記事を読んだ方は、こちらもみています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ