橋戸信の生涯!都市対抗野球を創設した社会人野球の父!

〜都市対抗野球を創設した社会人野球の父!橋戸信の生涯を解説〜

スポーツの世界では、国や地域を代表するチーム同士が優劣を競い合うことによって競技の面白さが引き出されているという側面があります。

そしてそれは、当然今回紹介する野球というスポーツにおいてもそれは例外ではありません。

 

高校野球などが地域の代表によって争われているということは皆さんもよくご存知でしょう。

しかし、野球では高校野球だけでなく、社会人野球のカテゴリーにおいてもこうした大会が存在します。

 

その大会は「都市対抗野球」と呼称され、社会人野球界においては最も名誉ある大会として考えられています。

そこで、この記事では「都市対抗」という側面に早くから注目し大会の創設に大きく貢献した野球人、橋戸信(はしど しん/まこと)の生涯を解説します。

写真・橋戸信

仏教一家に生まれるも野球に傾倒していった

1879年(明治12年)、橋戸は東京にある浄土真宗の仏教一家に誕生しました。

実家が寺社ではあったものの、彼自身は仏門に帰依するのではなく野球へと傾倒していきます。

 

青山学院中学校に進学した橋戸はエースとして君臨し、当時最強と称されていた旧制第一高校を破るなど、中等野球の時代から有名な選手でした。

そんな彼は早稲田大学に進学すると、すぐに野球部から誘いがかかります。

 

しかし、橋戸は野球部への入部を断り続けていたという説があります。

この理由について詳しいことはわかっていませんが、彼が文学部哲学科に入学していることを考えると、大学では仏教について学ぶことに専念したい、という思いがあったのかもしれません。

それでも、早稲田で野球部の部長を務めていた安部磯雄は橋戸の才能にほれ込み、何度も勧誘を行いました。

その結果、橋戸が折れる形で野球部に入部。

やがて大学野球、ひいては野球界全体に多大な貢献をすることになる彼の野球人生は再びスタートすることになります。

 

早稲田では早慶戦を実現させ野球技術の普及にも貢献

こうして野球部の一員となった橋戸は、大学野球界屈指の強豪として名を馳せた早稲田のレギュラーとして活躍をみせるようになります。

一説では野球部の主将に任命されていたという話もあり、技術だけでなく人柄の評価も高かったようです。

 

そして、橋戸は当時同じく強豪として知られていた慶應義塾の野球部を電撃訪問し、早稲田野球部の名義で挑戦状を叩きつけました。

この挑戦は慶應にも大きな衝撃を与え、早稲田との対戦を実現させるか否かで学内は紛糾しました。

 

しかし、最終的には慶應も対戦に合意し、第一回の早慶戦が企画されました。

この早慶戦は大盛況のうちに幕を閉じ、途中に中断を挟みながらも現代まで継続して行われているイベントに成長しました。

 

さらに、1905年(明治38年)に企画された野球部のアメリカ遠征によって得た技術や見分を『最近野球術』という著書にまとめます。

これは当時日本に普及していなかった多数の野球技術を伝え、日本野球のレベル向上に大きく貢献したと考えられています。

 

卒業後は新聞記者として野球に携わった

卒業後、橋戸は4年間のアメリカ暮らしを経て『万朝報』の記者として帰国。

その後は大阪朝日新聞社に入社して記者業にいそしむ傍ら、同社が企画・運営に携わった全国中等学校野球選手権大会(夏の甲子園)に参画しています。

 

また、早稲田の学友であった押川清河野安通志らとともに日本初のプロ野球チーム芝浦運動協会の立ち上げを果たし、責任社員として出資および運営を担当しました。

しかし、このチームは震災の影響もあり数年で頓挫、解散を余儀なくされています。

 

こうして日本初の試みは苦い結果に終わったものの、橋戸は同チーム立ち上げ時に掲げていた「フランチャイズ」の理念を忘れることはありませんでした。

そのため、芝浦運動協会の立ち上げという経験が、後の都市対抗野球創設に果たした役割は大きいといえます。

 

都市対抗野球を創設し、野球界への貢献から野球殿堂入りを果たす

1925年(大正14年)、東京日日新聞社へと入社した橋戸は、アメリカで見かけた「フランチャイズ制」を取り入れた大会を創設することを目論見ます。

フランチャイズとは、「特定の都市における興行権を単一のチームに与える」ことを指し、橋戸はこの概念を「都市を代表するチーム」に付与するということを発案しました。

 

この発案は社内および野球界の賛同を集めることに成功し、1927年(昭和2年)に第一回都市対抗野球大会が開催されます。

同大会は盛り上がりを見せ、やがて野球界における主要イベントとして定着することになりました。

 

その後も野球界に多大な貢献を果たした橋戸ですが、1936年(昭和11年)にガンと肺炎を併発し57歳で亡くなることになりました。

しかし、彼の生み出した早慶戦や都市対抗野球は野球界の中心イベントとして定着し、野球の発展に多大なる貢献を果たします。

そのため、現代にいたるまで都市対抗野球の最優秀選手には「橋戸賞」が与えられ、1959年(昭和34年)には野球殿堂入りを果たすなど、彼の功績は現代にもその名を残しています。

 

【出典】
横田順也『快絶荘遊〔天狗倶楽部〕明治バンカラ交遊録』早川書房、2019年。
野球殿堂博物館「橋戸信」www.baseball-museum.or.jp/baseball_hallo/detail/detail_005.html

(筆者・とーじん)

Twitterで最新記事をチェックしよう!