【長谷堂城の戦い】最上義光の人情と漢気に家臣たちはついていった!

鉄の結束を誇った最上義光家臣団~北の関ヶ原 長谷堂城の戦い~

慶長5(1600)年9月15日、関ヶ原の戦いで徳川家康が勝って天下の覇権を握った天下分け目の戦いと言われるこの戦いは、日本史上で最も有名な戦いと言えるのではないでしょうか。

しかし、この天下分け目の戦いは、関ヶ原だけで起こったわけはありません。各地で、徳川家康側(東軍)と石田三成側(西軍)の戦いは起こっていたのです。

ここでは、北の地・出羽山形で起こり、北の関ヶ原と言われる長谷堂城(はせどうじょう)の戦いについて紹介しながら、最上 義光(もがみ よしあき)の人情ある男ぶりについて触れていきます。

 

そもそも関ヶ原の発端は?

そもそも関ヶ原の戦いの最初の原因は、上杉景勝討伐」でした。

豊臣家への謀反の疑い(家康による難癖)をかけられた上杉景勝の征伐に向かうということで、家康が大坂から会津に進軍したことから始まります。

そして、家康が関東についた際に、石田三成が挙兵したことで、家康が上方に向けて軍勢を反転させて、美濃国・関ヶ原で東西両軍が激突したものです。

 

しかし、この時、関ヶ原以外でも各地で激戦が繰り広げられていました。

その中でも、最も激戦となったのが、長谷堂城だったのです。ここでは、この戦いに至るまでの経緯をお伝えします。

 

家康反転、その時、上杉景勝は?

会津を攻めるため軍勢を進めた家康は、最初は上杉軍を、伊達政宗や最上義光ら東軍諸大名と挟み撃ちにする計画でした。

もちろん、その方針は上杉景勝も承知しています。

そして、東北諸大名の軍勢は、義光の山形に集結します。

しかし、その家康が軍勢を上方に反転させました。そのため、奥羽諸大名はいったん解散し、各自の領土に引き返していきました。

 

一方の上杉景勝は、家康の拠点の関東を叩かず、奥羽での地盤を強化しようと考えます。

そのため、奥羽の東軍の急先鋒であった義光を討つべく、家康の侵攻に備えていた大軍を最上領に向けたのです。

上杉軍総勢3万 一方の義光軍は総勢8千。

そして、奥羽の東軍諸大名も各地に散らばる西軍側との戦いが起き、最上家救援に向かえませんでした。

義光は絶望的な状況で、景勝の大軍と戦わねばならなかったのです。

山形城址に残る最上義光の像

 

義光の戦略とは

その義光がとった戦略とは、「空け逃げ」というものでした。

各地の支城に散らばる軍勢を山形城と長谷堂城に集中させ、上杉軍を迎えうつ作戦を配下の諸将に指示しました。

しかし、その戦略はうまく行きませんでした。

 

畑谷城を守る江口光清は、義光から任された畑谷城を捨てるのは、歴代の最上家から受けた信頼に応えないことだとして、畑谷城に籠城。最後の一兵まで討死するという事態になりました。

この時、義光は少ない兵力の中から選抜した兵を援軍に送り、光清を救おうとします。

しかし、光清を救うことができなかったばかりか、送った援軍も大半を失うという手痛い打撃を受けました。

しかし、この時の義光の失敗が、最上家家臣団に間に「殿は決してわれらを見捨てない」という想いにつながっていったのです。

 

全ては義光のために

実は最初は、最上家の家臣団には、かつて義光と敵対した人物が少なくかなかったのです。

最上家随一の猛将として知られる鮭延秀綱は、かつて義光と激戦を繰り広げ、他の家臣たちから「秀綱を殺さねばならない」とまで恐れられた人物でした。

でも、義光は秀綱を討ち取れる状況にありながら、あえて逃がしました。その後、義光の真意を知った秀綱は、義光に臣従しました。

池田盛周という武将は、かつて太閤検地に反対して一揆を起こしました。

天下人秀吉に反逆した盛周は天下のお尋ね者でした。

しかし、農民にとっては重税になる太閤検地に領民のために反対した盛周の心根に義光は共感し、彼を匿ったのです。

こうした武将たちは、最後まで義光と生死をともにする覚悟で上杉軍との戦いに備えたのです。

 

今は山形郊外の長閑な風景が広がる長谷堂城址

決戦 長谷堂城

長谷堂城は、義光の本拠地山形城の南西8キロにある支城でした。

山形城最後の防衛拠点でした。長谷堂城にこもる軍勢は、知将・志村光安 猛将・鮭延秀綱らの1000。

一方の、上杉軍は、大将に直江兼続。その下に前田慶次郎や春日元忠らの軍勢18000で包囲します。

上杉軍にはあの前田慶次郎もいました

 

そして、運命の9月15日。

直江兼続は、長谷堂城に向けて、総攻撃の命令を下しました。

しかし、光安は伏兵と銃撃によって、上杉軍の攻撃を撃退。秀綱も決死隊を募って、上杉軍を混乱させます。

この時、秀綱が討ち取られそうになる危機が訪れました。この時、鳥海勘兵衛という武将が秀綱を救い、自らは討死してしまいます。

 

勘兵衛は、かつて義光の正室の侍女と恋仲になりました。

許可なく侍女と恋仲になることは、主君から手討にあってもおかしくないことでした。

しかし、義光は、勘兵衛を許したばかりか、その侍女を妻とすることを認めたのです。

感激した勘兵衛は、この戦いで義光の恩に命を懸けて報いるつもりで臨んでいたのです。

 

将兵一丸となって上杉軍を苦しめる長谷堂城兵を鼓舞するべく、義光は山形城を進発、自らが援軍を率いて長谷堂城救援に向かったのです。

そして、この時になって、最上家救援のために伊達政宗からの援軍も到着し、戦線は膠着しました。そこで、決定的な情報が両軍にもたらされました。

 

「関ヶ原において、東軍が勝利」

この瞬間、上杉軍は撤退を開始しました。

最上軍は、ついに領土を守りぬいたのです。

戦後、家康は孤立しながらも東軍のために戦い抜いた義光の功績を認め、最上家の石高は24万石から57万石と倍増させたのです。

 

そして、義光は、この増加した石高の多くを家臣たちに分け与え、秀綱など何名もの1万石を超える家臣が生まれました。義光もまた命がけで戦った家臣たちに報いたのです。

義光のために命がけで働く家臣と家臣の苦労に報いる義光。長年培った君臣の間の信頼感が、最上家の最大の危機の時に義光を救ったのです。

(筆者・黒武者 因幡)