CATEGORY

幕末

  • 2019年9月28日
  • 2019年9月30日

長岡藩大参事 小林虎三郎~隻眼の秀才が長岡復興に向けて馳せた思い~

北越戦争で長岡藩と言えば?と言われると司馬遼太郎作「峠」の主人公とされている、軍事総督河井継之助が筆頭に挙げられますが、北越戦争終戦後長岡藩は過酷な環境の中での生活を余儀なくされます。 その中で、病を患いながらも全力で長岡復興に尽 […]

  • 2019年9月3日

南部藩 楢山佐渡の武士道

1868(慶応4)年、新政府軍と幕府軍の間で始まった戊辰戦争。 新政府軍の中心的存在だった薩摩藩や長州藩などの西国雄藩や、会津藩や庄内藩、桑名藩などの幕府側の中心とされた藩以外の諸藩は、その多くがどちらにつくかに悩んでいました。 […]

  • 2019年8月23日
  • 2019年8月23日

山本義路 最後まで武士として戦い会津にて散る

〜軍事総督河井継之助を支えた家老山本義路 最後まで武士として戦い会津にて散る〜 慶応4(1868)年に勃発した戊辰戦争。 その中で、新潟を舞台とした北越戦争で新政府軍は、長岡藩による抵抗で想定以上に被害を受けています。 今回は、新 […]

  • 2019年8月16日
  • 2019年8月19日

越後のラストサムライと称された河井継之助

〜越後のラストサムライと称された河井継之助 現代の理想の上司とも言える壮絶な42年〜 慶応4(1868)年1月3日、京都を舞台に起きた鳥羽伏見の戦いを皮切りに、1年4カ月にも及ぶ戊辰戦争が開戦となりました。 その中でも、新潟を舞台 […]