CATEGORY

大正時代

  • 2019年9月15日

石原莞爾は日米開戦を予見していた英才だった!

戦前の日本において、「関東軍」というと張作霖爆殺事件や満州事変など、その後、日本が右傾化する要因を作った部隊として評判は甚だしく悪い。 私も以前は、満州事変を指揮した石原莞爾(いしわらかんじ)に極右的な軍人というイメージしか持って […]

  • 2019年5月1日
  • 2019年4月29日

新一万円札の顔・渋沢栄一は日本資本主義の父だった!

2024年より新紙幣一万円札の顔となることが決定したことで、にわかに渋沢栄一に注目が集まっている。 私が渋沢栄一を知ったのは、司馬遼太郎の小説『最後の将軍』であった。 百姓の出ながら勤王の志士となり、その後一橋慶喜の家臣となるスト […]