【1月21日】ライバルが手を結ぶ日の由来や意味

1月21日は「ライバルが手を結ぶ日」という記念日です。

なんだか胸熱な日ですが、その意味や由来はなんなのでしょうか。

紹介していきますよ。

 

「ライバルが手を結ぶ日」の意味、由来

れはズバリ「ライバルが手を結ぶ日」とは「薩長同盟の日」ということですね。

1866年1月21日に、それまで仲悪かった薩摩藩と長州藩が、坂本龍馬の仲介によって手を結んだ日です。

歴史好きの人からしてみれば、熱い日なんですね。

 

 

薩長同盟ってなに

「薩長同盟ってなに?(・∀・)」って人のためにかんたんに紹介してみます。

薩長同盟とは、薩摩藩(西郷隆盛)と長州藩(木戸孝允)の、幕府を倒すための同盟です。

 

ともとこのふたつは敵同士で、犬猿の仲でした。

じゃあなぜ同盟を結ぶことになったのか。

それは、ひとことでいえばお互いに倒幕を目指す上でメリットがあったからです。

 

まず薩摩藩ですが、もともとは幕府寄りでした。

しかし、ある事件をきっかけに薩摩藩は、イギリスと戦争をおこします。(薩英戦争といいます)

そんなとき幕府は、外国に対して超弱気で話になりませんでした。

このままの日本では外国に乗っ取られると恐れた西郷隆盛は、日本を変える必要があると考え、倒幕を目指します。

 

次に長州藩ですが、これはもう元々幕府がキライでした。

過去に、薩摩藩とケンカしたとき、薩摩藩は幕府寄りでしたから、そのケンカのあとも幕府から嫌われていたのです。

実はずっと倒幕を狙っていたということです。

さらに外国に対して弱気な幕府のままではいけないとも考えていました。

 

摩藩と長州藩が手を組めば、幕府を倒せそうじゃないかということは、だれもが考えていました。

しかし、相当仲が悪かったことから、みんなそれを諦めていました。

そんなとき、出てきたのが坂本龍馬です。

坂本龍馬も、外国のアジアへの快侵撃を恐れ、このままでは本当に日本は占領されてしまうと考えていました。

坂本龍馬の仲介によって、薩長同盟を実現させたのです。

 

薩長同盟は、戦で幕府を倒そうとしましたが、龍馬がそれを全力で否定しました。

「日本が一つにならなきゃいけないときに、内輪でケンカしている場合じゃないだろ。馬鹿かよ。」といった具合です。

まさに龍馬は、戦をせずに大政奉還で江戸幕府を終わらせるきっかけの人物なのでした。

 

大政奉還についてはこちらの記事でかんたんにわかり易く紹介しています。

5分で坂本龍馬について!大政奉還ってなに?

 

まとめ

ということで、
1月21日のライバルが手を結ぶ日の由来や意味でした。

 

・1月21日は「ライバルが手を結ぶ日」、ズバリ「薩長同盟」のこと。

・仲が悪かった薩摩藩と長州藩が、幕府を倒すために手を結んだ、アツい日。