モーツァルトってどんな人物?超スケベ説や代表曲、死因について

スポンサーリンク

モーツァルトといえば、だれもが聞いたことがあるでしょう、音楽家ですね。

幼いころからから「天才」といわれ、数々の名曲を残しています。

今回、モーツァルトのかんたんな経歴代表曲は?について人物像について、紹介していきますよ。

 

モーツァルト、プロフィール

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
出身地:オーストリア
生誕:1756年1月27日
死没:1791年12月5日
享年:35歳

音楽家

 

かんたんな経歴、何した人、どんな人?

ーツァルトは、オーストリアのザルツブルグという都市で生まれました。

父が音楽家だった影響もあり、モーツァルトは3歳からピアノを弾きはじめ、5歳で作曲もはじめました。

父はこのときから「ああ、この子は天才だ」と気づき感心し、音楽を教え込んだといいます。

まさに「天才」であったモーツァルト少年は、「神童」と呼ばれました。

 

歳になると、音楽家の父たちとヨーロッパ各地で演奏旅行をしました。

この旅行は10年ほど続きました。

その旅行中にも作曲をつづけ、音楽のエリートのような生活を送っていました。

 

5歳のときに、音楽家として独立。

オーストリアのウィーンで独立しました。

しかし、モーツァルトは浪費癖があり、生活はカツカツでした。

借金を求める手紙も見つかっています。

 

35歳で体調をくずし、病死してしまいました。

生涯で600以上も作曲しました。

 

スポンサーリンク

代表曲は?

ーツァルトは生涯で600曲以上も作曲しています。

そのなかでもだれでも聞いたことあるであろう代表曲を紹介してみます。

 

「トルコ行進曲(a Turkish March)」

 
これめっちゃ有名ですね。

学校の掃除の時間とかに流れていた気がします。

 

「アイネ・クライネ・ナハトムジーク(Eine kleine Nachtmusik) 」

 
「ばーかあーほ、どじまぬけー」なんて小さい時に歌ってる友達がいました。

これも有名ですね。

 

交響曲「ジュピター」

 
平原綾香さんのジュピターの元?なんて思ってしまいますが、違います。

あっちは、グスターヴ・ホルストのジュピターです。

 

「夜の女王のアリア(魔笛)」

 
オペラですね。

歌っているお姉さん、めっちゃ美人でめっちゃ歌うまい。

 

んな感じで、全部聞いたことがあると思います。

ほかにもまだまだありますが、多すぎるので割愛します。

 

スポンサーリンク

人物像、性格は?

ーツァルトの人物像について。

音楽の天才はどんな性格だったのでしょうか。

そのエピソードをいくつか紹介してみます。

 

スケベだった?

モーツァルトが従姉妹のベーズレちゃんに送った手紙、「ベーズレ書簡」は有名です。

内容は、

「あなたの鼻に糞をします」

「花壇のなかにバリバリッとウ○コをなさい。」

「ぐっすりお眠りよ。おしりを口の中につっこんで。」

「ウンコで君のベッドを汚してやるぞ!」

「僕のおしりが火事になった! どういうこと! 知ってるぞ、みえるぞ、なめてやろうか、ん、何だ?ウンコが出たがってる?そう、そうだウンコだ。俺は変態だ!」

などといったもので、何通もたくさん送りました。

 

これをモーツァルトの息子たちは大変嫌がり処分に走ったのですが、現在でも6通は保管されています。

まあでもスケベというより、快男児って感じですよね。

ニュアンスで言うと江戸っ子っぽい「てやんでぃ」な感じなのではないかとおもいます。

てやんでぃ気質で、開放的な性格だったと思われますが、本当は冗談ばっかで自分の気持を隠すタイプでもあったようです。

モーツァルトはツンデレだったのですね。(・∀・)

 

また、「俺の尻をなめろ」という曲もつくったりしています。

 

どんな見た目?容姿について

肖像画では、まさに天才音楽家っぽい風格をみせつけていますよね。

しかしどうやら、容姿はあの肖像画とはちょっと違うっぽいのです。

 

当時の人はモーツァルトを、

「目がぱっちりしていて迫力があった。でもそれ以外はふつうの小柄の男だった」

「天然痘の痕が、何個もあった、丸鼻で近眼。」

などと言っています。

 

体については

「小男だった」

「けっこうな肥満だった」

との説があります。

検死で測った身長は163cmだったそうです。

 

デスマスク(死者の顔を石膏や蝋で型どったもの)もつくったのですが、行方不明のようです。

これも「妻が落として割った」とかいう説が語られていますが真相は不明です。

 

その妻いわく、最も似ている肖像画はこれだそうです。

 

ギャンブラーだった?

かなりのギャンブラーだったとの説があります。

モーツァルトの年収は約1900万円ほどありました。

しかし、貴族的な生活を維持するために浪費していたといいます。

おまけに妻も浪費癖が強く、いつも金には困っていたのだそうです。

 

さらにモーツァルトはギャンブル癖もありました。

腕前は全然ダメだったらしく、けっこう負けていたそうです。

 

ビリヤードが好きだった

ボウリングやビリヤードがお好きだったそうです。

自宅にもビリヤード台を置き、そこで作曲もしていたのだそうですよ。

 

マリー・アントワネットにプロポーズした?

マリー・アントワネットといえば、「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」で有名ですね。

フランスのルイ16世の奥様です。

 

6歳のモーツァルトは、女帝・マリア・テレジアの前で演奏するとき、宮殿の床で転んでしまいました。

このとき、手を取って起こしてくれたのが7歳のマリー・アントワネットだったのです。

その時に、「僕が大きくなったら、お嫁さんにしてあげる」と言ったことは有名なお話になっています。

 

アインシュタイン博士も大ファンだった!

アルベルト・アインシュタイン博士がモーツァルトをよく聞いていたことは有名です。

アインシュタインは「死とはモーツァルトが聞けなくなることである」とも言っているほどです。

 

まとめ

ということで、
モーツァルトってどんな人物?超スケベって本当?代表曲、死因についてでした。

 

・天才音楽家だった!

・代表曲はだれでも聞いたことがあるものばかり!

・スケベというより、ちょっと下品な快男児だった!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます^^

スポンサーリンク

この記事を読んだ方は、こちらもみています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ