聖徳太子のお札の価値ってどうなの?

 

Print

 

聖徳太子といえば、勉強大嫌いの人でも聞いたことがあるでしょう。

その凄い人ぐあいは、一万札、五千円に聖徳太子が描かれていたことでもわかると思います。

今現在、聖徳太子の一万円札をみるとレア感が凄いですが、実際の価値はどうなのでしょうか。

ちょっと調べてみましたよ。

 

スポンサーリンク

お札の価値ってどうなの?5千円札や1万円札があるけど?

レア感満載の「聖徳太子の一万円札」ですが、実は全然プレミアでもないんですね。

どうやら「未使用でピン札状態、5つ以上同じ数字が並んでいるもの」だけが、1万100円以上の価値として取引されています。

ほんとに高くても1万7千円程。

それ以外の「聖徳太子の一万円札」は、ほとんど「ただの一万円」です。

むしろ、「使いにくい」「銀行で交換してもらうのが面倒」「偽札かと疑われる」とのことから、嫌がられることが多いようです。

 

しかし、聖徳太子の「千円札」の場合はけっこうな価値がある場合も。

千円札の番号が1桁で未使用、5枚連番だと9万円の価値になるそう。

本来の5千円が9万円になるのですから、けっこうな付加価値ですよね。

また、未使用で50枚連番だと70万円の価値につくこともあるそう。

これも5万円が70万円ですから、凄いです。

 

スポンサーリンク

どこで買い取ってもらえる?

どこで査定して買い取ってもらえばよいのか。現在ならネットで査定申込みができます。

おすすめの査定から買いとりまでしてくれるサイトを紹介します。

 

 

上のサイトを覗いてみるとわかるのですが、思いもよらない高額で取引されることもあります。

もし、気になる紙幣や硬貨が自宅にあるなら、いちど査定をしてみると良いかもしれません。

 

コツとしては、紙幣や硬貨はまとめて査定してもらうと高値になりやすいそうです。

「なんか実家から古いお札とかよくわからないお金っぽいのが出てきた」という場合には、まとめて査定してみてくださいね。

 

 

まとめ

もし、家から聖徳太子のお札が出てきたら、それが保存状態が良かったり、ナンバーがぞろ目や意味のあるものであったら額面の値段より高い値段で買い取ってくれるようです。

もし見つかったら、近くの買取業者に見てもらうとよいですね。

でも、普通の状態の聖徳太子のお札は額面通りということです。今度の連休にお宝さがしをしたらいかがでしょう?

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ