セルゲイ・エイゼンシュテインってどんな人?3分で知る偉人!

スポンサーリンク

セルゲイ・エイゼンシュテインといえば、映画監督ですね。

モンタージュ理論を確立させたりと最大の功績を残し、映画史を語る上では絶対に外せない人物です。

今回、セルゲイ・エイゼンシュテインのかんたんな経歴どんな偉業がある?について、紹介していきますよ。

 

セルゲイ・エイゼンシュテイン、プロフィール

セルゲイ・ミハイロヴィチ・エイゼンシュテイン
出身地:ロシア帝国
生年月日:1898年1月10日
没年月日:1948年2月11日
享年:50歳

映画監督

 

かんたんな経歴、何した人どんな人?

ルゲイは、ロシア帝国の支配下だった都市に生まれました。

父が建築家だった影響もあり、彼も専門学校の建築科で勉強します。

 

0歳になると、当時のロシアの軍隊「赤軍」に入隊します。

そしてアマチュア演劇に関わり、なんとなく後に映画監督になりそうな経歴になります。

そこの教育機関で日本語を教わります。

この日本語こそが、後に「モンタージュ理論」を確立させるきっかけになったのです。(後述)

 

の後22歳でモスクワ(ロシアの都市)に移住。

ある劇場の美術担当として活躍します。

翌年、有名な演出家・フセヴォロド・メイエルホリドの元で演劇を学びます。

このころメイエルホリドの助手をしながら、映画について勉強し始めます。

 

6歳、ついに映画を撮影します。

初作品の「ストライキ」を制作し、翌年には代表作となった「戦艦ポチョムキン」を制作しています。

この「戦艦ポチョムキン」こそがモンタージュ理論を使った作品です。

 

その後も数々の作品を発表。

人々に感動を与え続けました。

50歳、モスクワで心臓発作で亡くなりました。

 

スポンサーリンク

偉業は?

ルゲイの偉業といえば、素晴らしい映画監督だったことです。

さらに彼は「モンタージュ理論」を確立させました。

「モンタージュ理論」は、映画製作理論のひとつの到達点といわれ、今ではよく使われています。

 

どういうものかというと、めっちゃ簡単に紹介すると、「1つの画と1つの画を組み合わせて、第3の意味を表現する」というもの。

例えば面白い動画があります。

 

この動画では、最初に「無表情な男」のあとに「スープ」が映されます。

そうすると、見ている人は「この男は腹が減っているんだな」と思います。

 

次に「少女の死体」のあとに「無表情な男」が映されます。

そうすると、見ている人は「この男は悲しんでいるんだな」と思います。

 

次の「美人な女」のあとに「無表情な男」が映されれば、

「この男は美女に話しかけようとしているのかな」と考えます。

といった感じです。

いっかい動画を見てみれば、「ああなるほどね」と思ってもらえるはずです。

 

「モンタージュ理論」確立には、彼がたまたま勉強していた日本語の漢字にヒントがありました。

漢字は例えば「口」と「鳥」で「鳴」となったり、「重」と「力」で「動」になったり、2つを組み合わせると意味が違った字ができあがります。

そのことにめっちゃ興味をもったのがきっかけだといいます。

漢字のつくりは私たち日本人も感心してしまいますよね。

 

まとめ

ということで、
セルゲイ・エイゼンシュテインってどんな人?3分で知る偉人!でした。

 

・素晴らしい映画監督だった!

・モンタージュ理論を確立させた、映画史にとって最高の偉人だった!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます^^

スポンサーリンク

この記事を読んだ方は、こちらもみています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ