西郷隆盛ってどんな人物?なぜ犬を連れてるの?

西郷隆盛といえば「おいどん」「ごわす」のイメージがあるかと思います。

ちょっと日本史を覚えているなら、名前くらいは、そして九州男児であることくらいはわかると思います。

今回は、西郷隆盛についてエピソードや偉業、また銅像でなぜ犬を連れているのかを紹介していきますよ。

 

スポンサーリンク

西郷隆盛、プロフィール

saigo-3

西郷隆盛(さいごうたかもり)
出生:鹿児島
生誕:1828年1月23日
死没:1877年9月24日(満49歳没)
時代:江戸時代
武士(薩摩藩士)、軍人、政治家

活躍した時代は江戸時代で、坂本龍馬らと同じ世代です。明治時代のはじめまで生きました。

藩士(はんし)と呼ばれる武士の家柄の出で、通称は吉之介でした。

 

薩摩藩の代表にまでのぼった西郷隆盛は、長州藩(ちょうしゅうはん)と同盟を結び、江戸幕府を倒すために力をつかうようになっていきます。

この江戸幕府を倒す流れを「大政奉還」というのですが、これは日本史での最も重要な出来事のひとつです。

「大政奉還」についてはこちらの記事でわかりやすく紹介しています。

>>>坂本龍馬ってどんな人物?大政奉還ってなに?

 

西郷隆盛の偉業

西郷隆盛の偉業としては、江戸幕府を倒し、新しく明治という時代をつくったことでしょう。(大政奉還)

ちなみに、後に、西郷とこの新政府との意見が合わないために西南戦争という戦争がおきます。西郷はこの戦争が原因で亡くなることとなります。

西郷の偉業を紹介していますよ。

 

「大政奉還」の超重要人物

「大政奉還」を語るには、この西郷隆盛は外せません。

西郷隆盛(薩摩藩)木戸孝允(長州藩)同盟 江戸幕府をたおす。

で、その犬猿の仲だった薩摩藩と長州藩を、必死に全力で同盟させようと動いたのが坂本龍馬らなのです。

 

大政奉還については、こちらの記事でわかりやすく紹介しています。

>>>坂本龍馬ってどんな人物?大政奉還ってなに?

 

「廃藩置県」で現在の都道府県の基盤をつくる

「廃藩置県」を最終的に決定させたのも西郷隆盛です。「廃藩置県」とは字の通り、藩を撤廃して県にするということ。武士の身分を消滅させることです。

しかし、これは大名たちから地位や特権を奪いとることになるのです。大名たちが怒るのは目にみえています。たいへん危険な決断なのです。

西郷らは、この廃藩置県を明治維新の総仕上げと考えていました。これをしなければ、新政府の意味がないと考えていたのです。

実際に怒り狂った大名たちもいたようですが、西郷隆盛の采配によって、ごく平和的に済んだのです。これはもの凄い偉業なのです。

これは現在の都道府県の元のようなものですね。ちなみに、最初は306県あったのですよ。

 

 

政府と対立も学校をつくる

政府内で、西郷隆盛と他の人達は「朝鮮とのこれからの関係」について意見が対立、西郷は鹿児島へと帰っていきます。

ですがその後も鹿児島に学校をつくり、若者たちの育成に力を注ぎます。

彼の懐の深さは、薩摩藩と長州藩をとりもった坂本龍馬も驚き感動したと言われ、広い心の持ち主として知られています。

最期は明治政府に戦いを挑む形(西南戦争)になってしまいましたが、西郷が亡くなったあとに政府から表彰されています。

 

スポンサーリンク

エピソード、なぜ犬を連れている?

西郷隆盛のエピソード、犬を連れている銅像なんかが有名ですが、あれは何なのでしょうか。

犬の謎含め、西郷隆盛のエピソードを紹介していきますよ。

 

なぜ犬を連れている銅像?

edf9cecd258e816e8024870d96a466de_s

東京の上野に、犬を連れた西郷隆盛の銅像があることを知っていますか?この銅像に「なんで?」と思う人も多いようです。

実は体系の大きい西郷隆盛、食生活も派手でありたくさん食べたそうです。

戦いが終わってしまうと体を動かさなくなるので、そのため肥満体であることを医師から指摘されたそうです。

そこで彼がダイエットのために始めたことが、『狩り(しゅりょう)』でした。

その際、猟犬を連れて出かけていたので、銅像の隣にいるのは猟犬がモチーフとなっています。実際、犬好きだったようですよ。(・∀・)

 

 

どうもケチだったらしい?

江戸で「参議」という偉い身分になっても、西郷隆盛は贅沢することをしませんでした。

家も質素で、食べものも着るものも周りががっかりするほど、つつましいものだったそうです。

そうすることで、急に贅沢になった重臣を戒めようとしたのでは?と言われています。

 

そういった態度から、自分の贅沢には興味はなく、常に民衆の事だけを考えていた超偉い人と現代まで語られているのですね。

言い換えればただのケチかもしれませんが、まさに偉人。ここまで民の事を考えていた人はいないと語られています。

 

 

のように、西郷隆盛は体も大きかったそうですが、心も広い人でした。

実は、2度も島流しにあったこともありましたが、生き延びては「西郷が必要だ」と、その力を見込まれてまた地元に戻ってくることが出来た人でもあります。

 

 

まとめ

西郷隆盛について、偉業やエピソードを紹介しました。

西郷隆盛を語るなら、「大政奉還」「廃藩置県」「西南戦争」は知っておいた方が良さそうです。

また、犬を連れている理由も雑学として面白そうでしたね。

たびたびほかの人と意見が合わなかったり、対立したりということがあった西郷隆盛ですが、本当に頼りになる、仕事のできる男だったのですね。

好きな偉人ランキングでもいつも人気です!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ