驚き!坂本龍馬とフリーメイソンの関係?

o0220022911695195200

 

フリーメイソンといえば、秘密の組織というイメージで様々な都市伝説をもっていますよね。

会員数600万人以上の「友愛結社」だとされていますが、やっぱり実態はいまだに謎につつまれています。

そんな現在でも、一目おかれるフリーメイソンと、我らが坂本龍馬は何か関係があった?との噂です。

ちょっと紹介していきますよ。

 

スポンサーリンク

坂本龍馬とフリーメイソンは何か関係があった?

日本史を語る上では、最重要人物だとされている坂本龍馬。

そんな龍馬がフリーメイソンだったという都市伝説があるのですね。

 

結論からいうとこの噂、デタラメである可能性が高いです。

そもそもこの「坂本龍馬はフリーメイソン」の言われだした理由が、貿易商人のトーマス・グラバーとの繋がりです。

このトーマス・グラバーがフリーメイソンだから、坂本龍馬もフリーメイソンに加入した可能性がかなり高いって事ですね。

しかし、トーマス・グラバーがフリーメイソンであったという事実はないのです。

トーマス・グラバーがフリーメイソンだったとされている、証拠や資料もなければ当時からの言い伝えもないのです。

 

ではどうして、坂本龍馬がフリーメイソンだったと言われているのでしょうか。

その理由は、トーマス・グラバーの自宅前の石柱の存在なのです。

長崎にあったグラバー邸の前に「フリーメイソンの象徴」の定規とコンパスの絵が描かれた石柱があるのです。

それなら、彼はやっぱりフリーメイソンだったんじゃないの?と思えます。

がしかし、実はこの石柱。彼とはまったく関係がなくほんとうに偶然で、昭和41年に寄贈され移設されたものなのだそう。

あの絵が描かれた石柱が昭和41年に、たまたまそこに立っただけなのだそうです。

こうなれば、坂本龍馬のフリーメイソン説はいっきに遠ざかります。

 

スポンサーリンク

坂本龍馬のフリーメイソン説は他に発端が?

また、もっと「坂本龍馬フリーメイソン説」を覆してみましょう。

噂の発端はやはりグラバー邸の石柱なのですが、説を助長させていた噂を紹介します。

 

フリーメイソン発祥の地、イギリスに渡航したから?

まず「龍馬イギリスに渡航したからフリーメイソン」説。

龍馬がフリーメイソン発祥の地、イギリスに渡航したから、その時に影響を受けフリーメイソンになったというもの。

イギリスに行く前と、帰った後で龍馬の言動や思想は明らかに違い、不可解だったと言われています。

しかしこれは、実際に龍馬がイギリスにいったという証拠はなにもないし、外国にいったという証拠もないです。

作り話である可能性が非常に高いのです。

 

確かに龍馬は、別の理由で不可解な行動をする理由があったのです。

それは暗殺から逃れるため。

結果的には暗殺されてしまいましたが、彼は暗殺されそうな事を知っていて、それから逃れるため身を隠していたりしていたのです。

その時の行動が一部よくわからないとされています。

 

 

英語が話せた?

実は当時のフリーメイソンに加入するには、英語力が必要不可欠だったとされています。

現在でこそ、加入に英語はまったく要らないですが、当時の加入の儀式などは全て英語で行われていたそうです。

龍馬に英語が話せたという証拠はありません。資料も言い伝えもありません。

英語も話せない龍馬がフリーメイソンになれたかどうか。

 

 

一般の人たちとは、考えが違う?

当時からある意味、欧米的で近代的で「ちょっと違う人」だった坂本龍馬。

そのふつーの日本人とは「ちょっと違う」感じ満載なこともフリーメイソン説を助長させています。

これも、そもそも時代を動かすような人、革命を起こすような人が、そこら辺のおっさんと同じ思考であるはずがないのですね。

凄い事をする人は「ちょっと違う」ことは絶対に必要なことなのです。

 

 

まとめ

坂本龍馬、フリーメイソン説を紹介してみました。

まとめてみると、龍馬がフリーメイソンだった可能性はとても低いのかなと思います。

元々がトーマス・グラバーの石柱のせいからで、あとはこじつけです。

トーマス・グラバーの石柱が移設されたものという事が判明したなら、この噂はもう信ぴょう性は激低なのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

2 Responses to “驚き!坂本龍馬とフリーメイソンの関係?”

  1. 金城 より:

    もともと 幕末期に興味を持っていて、坂本龍馬が大好きなのをきっかけに、
    新撰組の中で有名な3人にも興味を持つようになり、
    今回たまたま ここを見つけて、楽しく読ませていただきました^_^

    自分では 多少知ってるつもりの人物につおても、新たに色々な事を知る事が出来て、本当に楽しかったです。
    時々覗かせて貰おうと思います。
    ありがとうございました。
    ^_^

    • Lili より:

      金城様

      今回のようなお言葉はとても励みになります。ありがとうございます^^

      当サイトは、歴史に全く興味がない人向けに、少しでも日本史について興味をもっていただきたくて、作成したサイトです。
      そのため、基本的には通説を取り入れ、難しい話はできるだけ省いています。
      深い「真相」までは追求していませんので、興味の湧いた人物については、難しそうな書物などで追求していくと、また違った説や事実があったりするのでおもしろいです。

      今後ともよろしくお願いいたします。
      サイト管理人

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ