パウラ・モーダーゾーン=ベッカーってどんな人?3分で知る偉人!

スポンサーリンク

パウラ・モーダーゾーン=ベッカーといえば、ドイツの画家ですね。

絵の世界では「表現主義」のパイオニアとして有名です。

今回、パウラ・モーダーゾーン=ベッカーのかんたんな経歴どんな偉業がある?について、紹介していきますよ。

 

パウラ・ベッカー、プロフィール

パウラ・モーダーゾーン=ベッカー(Paula Modersohn-Becker)
出身地:ドイツ
生誕:1876年2月8日
死没:1907年11月21日
享年:31歳

画家

 

かんたんな経歴、何した人どんな人?

ウラ・ベッカーは、ドイツのドレスデンという都市に生まれました。

父は鉄道会社に勤務していて、母は貴族の出身でした。

そのためパウラは比較的に裕福な環境で育ちました。

 

2歳ころ、家族でブレーメン(ドイツの都市)へ移住しました。

そして17歳から19歳まで、ブレーメンで絵の個人レッスンをうけます。

20歳になると、ベルリン芸術家協会の絵の学校で勉強します。

 

しばらくしてドイツの、とある芸術家村で、芸術家コミュニティを交流を持つようになりました。

そこで生涯の友となるクララ・ヴェストホフと出会い、また夫となるオットー・モーダーゾーンに出会いました。

やがてオットー・モーダーゾーンと結婚し、彼の連れ子のお母さんとなりました。

 

4歳から、パウラは家族を残しひとりでフランスのパリへ、絵の修業に何回も行くようになりました。

パリで有名な画家たち、ゴッホやゴーギャンたちの作品をみると、彼女にかなりの影響を与えました。

 

0歳になると、夫のいるドイツの村に戻りました。

しばらくして子どもも生まれました。

しかしパウラ・ベッカーは塞栓症で、31歳という若さで亡くなってしまいました。

 

スポンサーリンク

偉業は?

ウラ・ベッカーの偉業といえば、画家であったことでしょう。

そして、「表現主義」のパイオニアであったということです。

「表現主義」とは芸術の系統で、絵の場合、絵に感情を反映させたということです。

彼女は、その「表現主義」をいち早く取り入れた画家なのです。

現在の「抽象画(抽象表現主義)」の原点とも言えます。

 

ちょっと彼女の有名な作品をいくつかみてみましょう。

 

自画像(1902年)

 

観葉植物と卵立てのある静物

 

白樺林で猫を抱く少女

 

独特な凄みがありますね。

 

まとめ

ということで、
パウラ・モーダーゾーン=ベッカーってどんな人?3分で知る偉人!でした。

 

・ドイツの画家だった!

・「表現主義」をいちはやく取り入れた!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます^^

スポンサーリンク

この記事を読んだ方は、こちらもみています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ