オスカー・シュレンマーを3分で!芸術家で有名な作品は?

スポンサーリンク

オスカー・シュレンマーといえば、芸術家ですね。

舞台の「トリアディック・バレエ」は有名で、当時としてはとても斬新なものでした。

今回、オスカー・シュレンマーのかんたんな経歴有名な作品はについて、紹介していきますよ。

 

オスカー・シュレンマー、プロフィール

オスカー・シュレンマー(Oskar Schlemmer)
出身地:ドイツ
生誕:1888年9月4日
死没:1943年4月13日
享年:54歳

芸術家

 

かんたんな経歴、何した人?どんな人?

スカー・シュレンマーは、1888年にドイツで生まれました。

6人兄弟の末っ子でした。

彼は12歳のときに両親を亡くしてしまいました。

そのため兄弟たちは、早くから自立しなければなりませんでした。

彼も15歳ころには、装飾の見習いの仕事をはじめました。

そのころから芸術に興味を持ち始め、その後、職業芸術学校で有名な画家たちから、芸術を学びました。

すっかり芸術にハマった彼は、ドイツの有名な画家・アドルフ・ヘルツェルに弟子入りし、バシバシ勉強しました。

 

6歳ころ、1914年に第一次世界大戦が始まると、戦争に参加しました。

戦争では負傷したりするも、軍事作図部隊で活躍し画力が活きました。

戦後はまた芸術に、のめり込みます。

彫刻を始めたりもしました。

 

2歳で結婚。

結婚をしたこともあり、総合芸術の学校「バウハウス」で働くことにしました。

最初は、彫刻関係の授業を教えていました。

しかし、彼はそのうち舞台芸術にも興味をもちはじめました。

 

34歳ころ、彼は舞台で「トリアディック・バレエ」を上演し、成功させました。

これは、ダンサーたちが奇抜な衣装を着てするバレエで、とても斬新で素晴らしいものでした。

これがきっかけで出世していきました。

 

調に出世していくと思いきや、1930年ナチスの影響が強くなり、彼の芸術は「退廃芸術」とされ、追い払われます。

学校「バウハウス」も辞めさせられ、他の芸術学校に移るも、その学校も閉鎖。

また他の学校に移ったりと、大変な思いをしました。

 

晩年はスイスの国境近くに移住しました。

ナチスの影響が強くなってきたためです。

そこで絵を描いたり、最期まで芸術活動をしていたのでした。

彼はまさに芸術の偉人で、芸術界に与えた影響は大きかったのでした。

 

スポンサーリンク

有名な作品は?

スカー・シュレンマーの有名な作品といえば、舞台「トリアディック・バレエ」ですね。

まずどんなものか動画を探してみました。

 

こんな感じだそう。

 

で、「トリアディック」というのは、「三つ組み」という意味なのだそうです。

この舞台は「滑稽な場」「荘厳な場」「幻想的な場」の、3場面があります。

そして、3人のダンサーが、12通りのダンスを、18種類の衣装を付けて踊ったのでした。

とにかくこの舞台は「3」にこだわったものだということです。

 

たしかに動画をみると、なんだかずっとみてしまいますね。

上の動画は1970年となってるっぽいので、当時の再現なのでしょう。

でも当時としてはかなり斬新だったことでしょう。(・∀・)

 

まとめ

ということで、
オスカー・シュレンマーを3分で!芸術家で有名な作品は?でした。

 

・有名な芸術家で、彫刻家でもあり画家でもあった!

・舞台「トリアディック・バレエ」が有名!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます^^

スポンサーリンク

この記事を読んだ方は、こちらもみています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ