宮本武蔵を5分で知る!五輪書や身長180cmについて

宮本武蔵といえば、めっちゃ強い兵法家として有名ですね。漫画「バガボンド」などでも有名でしょう。

佐々木小次郎との「巌流島の戦い」なども有名ですが、武蔵はどのような人物だったのでしょうか。

今回、宮本武蔵の偉業やエピソード、五輪書についても紹介していきますよ。

 

スポンサーリンク

宮本武蔵、プロフィール

Miyamoto_Musashi_Self-Portrait

宮本武蔵(みやもとむさし)
生誕:天正12年(1584年)
死没:正保2年5月19日(1645年6月13日)
父:新免無二
養子:三木之助、伊織
時代:江戸時代初期
兵法家

 

 

偉業は?

宮本武蔵の偉業といえば、めっちゃ強かった事そのものなのでしょう。天下無双ともいわれますよね。

強い強いとは聞いても、どのくらい強かったのでしょうか。二刀流で有名な武蔵の強さ、偉業を紹介していきます。

 

1,五輪書(ごりんのしょ)という兵法書をかいた

五輪書といえば超有名ですね。自分の兵法の極意をかいた本のこと。

書名は、世界を構成している五大「地・水・火・風・空」を由来としていて、それぞれになぞって5巻に分かれています。

地の巻

武蔵の生涯、兵法について書かれている。「まっすぐな道を地面に書く」ということになぞらえて、「地の巻」とされている。

水の巻

心の持ち方、太刀の持ち方や構えなど、実際の剣術に関することが書かれている。水を手本とする剣さばき、体さばきを例えて、「水の巻」とされている。

火の巻

戦いのことについて書かれている。個人対個人、集団対集団の戦いも同じであるとし、戦いにおいての心構えなどが書かれている。戦いのことを火の勢いに見立て、「火の巻」とされている。

風の巻

他の流派について書かれている。「風」というのは、昔風、今風、それぞれの家風などのこととされている。

空の巻

兵法の本質としての「空」について書かれている。

「オリンピック」のことをよく「五輪」と書きますが、これはこの五輪書からとったもの。記者の間で、文字数が減らせるとして流行りだしたそうです。

武蔵が書いた原本は、焼失しています。

 

 

2,最強の剣豪だった?

武蔵はよく最強の剣豪だったと言われていますね。ではどのくらい強かったのでしょうか。

強さを「対戦回数」で測ることがあります。

武蔵の著書、五輪書では、「20代の間で60数回戦った」との記述があります。

単純計算で平均、2ヶ月に1回戦っていたことになります。これはけっこうなハイペースなのです。

そして武蔵は「負けたことがない」とのこと。

 

実は武蔵は対戦を挑むことは全然なくて、ほぼ挑戦される側だったのです。

「宮本武蔵っちゅうヤツがいて、めっちゃ強いらしいぞ」

「聞いたことがある。木剣がかすりもしないらしいな」

「おまえ挑んでこいよ」

「よし。わかった。」

ってな感じで、噂が噂を呼び、最強説が完成されていった感じでしょうか。

 

伝説として、吉岡一門70人と戦い勝ったとして語られることがありますが、これは諸説あるようで、多くの史料には、それらの事実は記されていないのです。

ドラマや小説、漫画などの宮本武蔵は、かなり虚構が入っているようですね。

 

 

3,養子の伊織を小笠原家の家老に育て上げた

これが1番特筆すべきなのかもしれません。

武蔵は養子である伊織を小笠原家の家老に育て上げました。

伊織自身の家柄もそれなりで才能があったのですが、それでも大名の家老にまで上り詰めることができたのは養父・武蔵の存在あってのものなのです。

 

 

4,死因は病死

剣豪の宮本武蔵の死因ですが、意外なことに(?)病死です。

60と数年生き、最後は寿命で亡くなっています。五輪書を書き終えてガンが悪化したと言われていますね。

 

スポンサーリンク

 

人物エピソード

強いらしい宮本武蔵ですが、どんな性格だったのでしょう。最強というからには傲慢で偉そうだったのでしょうか。

宮本武蔵の人物像がわかるようなエピソードを紹介していきます。

 

1,身長は180cmほどあった

武蔵は身長が高く大男だったことで有名ですね。史料にも、6尺あったと書かれています。(1尺=30.3cm)

当時の時代、男の平均身長が155~158cm。武蔵の180cmはかなり高かったのですね。

 

 

2,卑怯者だった?

実はけっこう言われていますね。「宮本武蔵は卑怯だ」というもの。

これは、武蔵の戦いの哲学に関係しています。

やはり侍日本人は、美しく戦い美しく負けるという美学があるようです。

でも武蔵はそんな美学はもっていないで、「勝たなければダメ。どんな手を使っても勝つ。死人に口なし。」のような哲学があったのでしょう。

それで、現代で一部の人が「武蔵は卑怯だ」と言っているのです。

 

例えば有名な「巌流島の戦い」。この時も、佐々木小次郎との決闘の時間にかなり遅刻していったのだそう。

冷静さ、集中力がなくなったところを武蔵は一気に討ち取ります。

実は武蔵は巌流島に行っておらず、弟子たちが数人で小次郎を袋叩きにしたという説もあります。

 

武蔵は自身でも「兵法家」と称しています。「侍、剣士」というよりも、「兵法家」なのですね。

そうであれば別に卑怯でもなんでもなく、兵法としてやっぱり賞賛できるのです。

 

「巌流島の戦い」については、。こちらの記事でわかりやすくいろいろな説を紹介しています。

>>>【巌流島の戦い】宮本武蔵と佐々木小次郎の年齢差、決闘の詳細や結末は?

 

3,絵がめっちゃ上手い!

武蔵は水墨画をよく描いていたことも有名です。そしてかなり上手いのです。

現在で重要文化財に指定されているものもあるのですよ。

 

武蔵の水墨画はこんな感じ。

Kobokumeigekizu reading_memo_16-5

 

上手いですね。(・∀・)

絵には心が映るものです。実は、とても繊細な心の持ち主だったのかもしれません。

 

 

まとめ

宮本武蔵の偉業や五輪書、身長180cmについてや人物エピソードについて紹介しました。

卑怯といわれる武蔵ですが、「兵法家・宮本武蔵」としてみると卑怯でもなんでもないのですね。そういう戦術なのですから。

水墨画も有名ですが、絵には心が映りますから、素敵な心の持ち主だったこともわかりますね!

 

スポンサーリンク

One Response to “宮本武蔵を5分で知る!五輪書や身長180cmについて”

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ