マレーネ ディートリヒってどんな女優?5分で知る偉人!

スポンサーリンク

マレーネ・ディートリヒといえば、世界的に有名なドイツ出身のハリウッド映画女優ですね。

とてもとても艶のある人で、その美脚は「100万ドルの脚線美」ともといわれました。

今回、マレーネ・ディートリヒのかんたんな経歴どんな映画にでていたのかについて娘のマリアがそっくりについて、紹介していきますよ。

 

マレーネ・ディートリヒ、プロフィール

本名:Marie Magdalene Dietrich
出生地:ドイツのベルリン
生年月日:1901年12月27日
没年月日:1992年5月6日
享年:90歳

女優、歌手

 

かんたんな経歴、何した人どんな人?

マレーネ・ディートリヒは、プロイセン王国の近衛警察士官のお家に次女として生まれました。

彼女が幼いころに父は病死してしまい、次の父になった男も、第一次世界大戦で戦死しました。

 

少し成長すると、酒場などで歌い生活費を稼ぐようになりました。

この時、独学でフランス語をマスターするなどして、頭の良さと根性はすでに一流でした。

 

8歳、国立ヴァイマル音楽学校に入学。

ヴァイオリニストを目指します。

しかし、手首を痛めてしまい、ヴァイオリンをあきらめます。

 

0歳、演劇学校に入学。

翌年には『ナポレオンの弟』で、映画デビューしました。

 

23歳で、助監督のルドルフ・ジーバーと結婚。

同年には娘・マリアが誕生しています。

その後、夫とは別居しますが離婚はしませんでした。

離婚しない理由は、夫がカトリック教徒であるため、離婚が認められないからでした。

 

レイクは30歳ころでした。

舞台をしていたところ、映画監督ジョセフ・フォン・スタンバーグに認められ、ドイツ映画の『嘆きの天使』に出演しました。

そして、100万ドルの保険をかけたとされる美脚、個性的で艷やかな美貌、さらに美しい歌声で世界的に大ブレイクしたのでした。

 

の後アメリカにいき、多くの作品に出演します。

第二次世界大戦では、アメリカ軍兵士の慰問にヨーロッパ各地を巡りました。

その時、兵士が口ずさんでいた歌「リリー・マルレーン」をおぼえて、ドイツに向けた放送でも歌いました。

これらの慰問などの功績で、アメリカからは大統領自由勲章(アメリカ市民として最高の栄誉)、フランスからはレジオンドヌール勲章を授与されました。

 

戦後の壊滅したベルリンへ行くと、奇跡的に母親と再会。

その2か月後に、母は急死してしまいました。

 

退は74歳。

コンサート中に足を骨折してしまったのがきっかけでした。

引退後の彼女については全く謎なのだそうですが、しばらくファンレターが絶えなかったそうです。

それまで出身地(ドイツのベルリン)について、一切語ったことのない彼女でした。

が、ベルリンの壁崩壊のときには「私は生粋のベルリンっ子よ、素晴らしいわ私の街は自由よ」と語ったのだそうです。

 

年90。

死因は、肝臓と腎臓障害だったとされています。

亡くなる前の12年間は、寝たきりだったといいます。

 

スポンサーリンク

どんな映画に出てた?

生涯で30以上の作品に出演したマレーネ・ディートリヒ。

その素晴らしい女優っぷりを、ちょっと紹介してみます。

 

モロッコ(1930年)の予告

この「モロッコ」では、アカデミー主演女優賞を受賞。

 

情婦(1958年)の一部

この「情婦」では、ゴールデングローブ賞の主演女優賞を受賞。

この時50代後半でした。

 

上海特急(1932年)の予告

 

 

スペイン狂想曲(1935年)の予告

見た目がいいのはもちろん、本格的な実力派の女優でもあったのですね。

 

彼女の名言として、

愛とは、愛することを楽しむこと、

愛されることを待つことではない

も有名です。

心まで美しい女性だったのでした。

 

スポンサーリンク

娘がそっくり

マレーネ・ディートリヒには娘のマリアがいます。一人娘ですね。

そのマリアがこちら。

お母さんに似て、美人ですよね。

 

リアは現在93歳。

マリアは女優とか歌手とかではなく、母のマレーネ・ディートリヒについて書いた本で有名になっています。

「ディートリッヒ」という本で、上巻下巻があります。

この本は母・ディートリヒについて第一級の史料とされています。

 

まとめ

ということで、
マレーネ ディートリヒってどんな女優?5分で知る偉人!でした。

 

・慰問の功績で、アメリカからは大統領自由勲章(アメリカ市民として最高の栄誉)、フランスからはレジオンドヌール勲章を授与された!

・アカデミー主演女優賞なども受賞した!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます^^

スポンサーリンク

この記事を読んだ方は、こちらもみています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ