クルト・マズアを3分で!日本人の奥様についてや死因が謎な件について

スポンサーリンク

クルト・マズアといえば、ドイツ出身の有名な指揮者ですね。

奥さまが日本人であったり、亡くなったのがここ数年前だったり、日本でも活躍したりと話題になりました。

今回、クルト・マズアのかんたんな経歴死因が謎な件について、日本人の奥さまについて、紹介していきますよ。

 

クルト・マズア、プロフィール

クルト・マズア(Kurt Masur)
出身地:ドイツ
生誕 :1927年7月18日
死没: 2015年12月19日
享年:88歳

指揮者

 

かんたんな経歴、何した人?どんな人

ルト・マズアは、ドイツのブリークというところで生まれました。

幼いときから音楽に囲まれて育つ音楽エリートでした。

ピアノやオルガン、チェロなどいろいろな楽器を教わりました。

 

しかし16歳のとき、なんと右手を怪我してしまい、楽器を演奏することができなくなっていまいました。

音楽は諦めかけますが、どうしても音楽が好きなクルト・マズアは、指揮者として生きることに決めました。

クルト・マズアの指揮者をしている映像がこんな感じです。

 

ルト・マズアは音楽家として素晴らしい偉人となりましたが、彼が凄いのは音楽活動だけではありませんでした。

いわゆるヒューマニズム(人道主義)を大事にした人だったのです。

 

1989年、彼が62歳くらいのころ、ベルリンの壁崩壊につながるデモがおきました。

その時にドイツ国に対して武力行使を避けるようにメッセージを発表しました。

彼は平和的解決は願い、そのために行動したのです。

 

この行動はかなり注目を集めました。

このような行動がきっかけとなり、一部から大統領候補にあげられたこともありました。

 

このような功績から、数々の名誉賞が贈られ、

・名誉大臣勲章(フランス政府から)

・ニューヨーク市文化大使

・ポーランド共和国勲章十字軍

・ブジェク名誉市民

など、世界的に認められました。

 

クルト・マズアは、音楽家としても一流で、平和を愛する人としても世界で認められた、素晴らしい偉人なのです。

 

スポンサーリンク

死因がなぞ?

死因ははっきりしていません。

88歳で亡くなったことは報道されましたが、「死因は○○でした」というような、公表がされていないんですね。

 

でも一説によると、彼はパーキンソン病であったため、それによって死を早めたと言われています。

パーキンソン病は進行すると、寝たきりになってしまい、ひとりで歩くこともできなくなる難病です。

84歳のときには、演奏で指揮者をしている最中に、指揮台から客席に転げ落ちてしまうなんてことがあったようです。

パーキンソン病は、筋肉が固まって、手足の動きが思うようにいかなくなります。

この転落もパーキンソン病の影響なのではないかと言われました。

彼にケガはなかったようですが、演奏は取りやめになりました。

 

スポンサーリンク

お嫁さまが日本人?

は、クルト・マズアは3回結婚しているんですね。

2回目に結婚した奥さまは、クルト・マズア氏の居眠り運転の事故によって亡くなってしまっています。

悔やんでも悔やみきれなかった出来事で、本当に辛い思いをしたことでしょう。

 

そして、最後の結婚相手が日本人の桜井偕子さんでした。

桜井偕子さんは声楽家ということで、音楽を通して知り合いました。

 

彼女との間に生まれた長男・ケン・マズアは、なんと指揮者になっています。

お父さんのように優秀な指揮者で、今はサンアントニオ交響楽団(アメリカの音楽グループ)の常任指揮者をしています。

お父さんに似てますね(・∀・)

実はこのケン・アズマさん、コロンビア大学で学士号取得していたりと、なかなかのエリートでもあります。

 

で、前妻との娘にカロリン・マズアさんがいます。

こちらはなんとオペラ歌手です。

完全に音楽一家なんですね。かっこいいです。

 

まとめ

ということで、
クルト・マズアを3分で!日本人の奥様についてや死因が謎な件についてでした。

 

・音楽家としても人道主義者としても世界に認められた凄い人!

・奥さまは日本人の声楽家・桜井偕子さんだった!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます^^

スポンサーリンク

この記事を読んだ方は、こちらもみています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ