北条早雲を5分で!北条政子や北条時宗とはまったく関係ない?

北条早雲(ほうじょうそううん)といえば、「最初の戦国大名」として有名ですね。

彼から「戦国時代」がはじまったのです。

今回、北条早雲のかんたんな経歴北条政子や北条時宗との関係を紹介していきますよ。

 

スポンサーリンク

北条早雲、プロフィール

Soun_Hojo_portrait

北条早雲(ほうじょうそううん)

出身地:備中(岡山県)
生誕:1432年
死没:1519年8月15日
享年:88歳(病死)
時代:室町時代

 

北条早雲って何した人?どんな人?

北条早雲は、「最初の戦国大名」です。

自らの力で、伊豆、小田原の領土を手に入れ、その後も農民を大切にしました。

ここでは、北条早雲のかんたんな経歴を紹介していきますよ。

 

かんたんな経歴

時、室町幕府の権力はおとろえていました。

地方では、実力のある守護大名(地方を支配した領主)が、幕府を無視して領地を支配するようになっていました。

またその中でも、守護大名の家臣が、主君を倒し、権力をにぎったりもしていました。

このように、実力で地方を支配した領主を「戦国大名」といい、戦国大名たちが全国統一をめざした時代を「戦国時代」といいます。

北条早雲は「最初の戦国大名」で、彼が伊豆をうばった1493年から「戦国時代」がはじまったという人もいるのです。

 

条早雲は、もともとは室町幕府(京都)の家臣でした。

駿河(静岡県)で後継ぎ争いが起こった時、早雲は京からかけつけて争いを解決します。

この手柄によって、駿河の興国寺城(こうこくじじょう)の城主となりました。

 

そして伊豆(静岡県)は、当時、足利氏が支配していたのですが、伊豆でも後継ぎ争いが起きていました。

「今なら伊豆をうばえる!チャンス!」と考えた早雲は、わずかな兵をひきいて足利氏の館をおそい、実力で伊豆をうばいとったのです。

早雲は伊豆に韮山城を築くと、次は小田原城(神奈川県)をうばいます。

さらに東へ攻めて、三浦半島もうばいました。

 

模(神奈川県)の領主となった早雲は、農民を大切にする政治をしました。

田畑の面積や、取れた米の量などをくわしく調べて年貢を減らし、農民にやり過ぎな負担がないような政治にしたのです。

 

スポンサーリンク

北条政子や北条時宗とは、名字が同じだけどどんな関係?

「北条」といえば、北条早雲、北条政子、北条時宗などいろいろな有名人がいますね。

同じ北条ならみんな関係があるの?って事ですよね。

これは、実はあまり関係がありません。というか、全然関係ありません。

 

さらに、北条早雲は「北条」とは名乗っていません。

息子の代からです。

早雲が生きている時は、伊勢宗瑞(いせ そうずい)と名乗り、呼ばれていました。

 

ぜ北条を名乗りだしたのかというと、北条早雲(の息子)は、関東の大名だったため鎌倉時代の「北条」を尊敬し、あやかって「北条」と名乗りだしたのです。

だから、鎌倉時代の「北条」と、北条早雲からの「北条」は、まったく関係ないのです。

北条時宗も、鎌倉時代の武将ですから関係ありません。

 

こちらの記事で、北条政子について、かんたんにわかりやすく紹介していますよ。

>>>北条政子を5分で!おもしろエピソードや圧倒的な演説って?

 

 

まとめ

北条早雲は「最初の戦国大名」で、戦国時代を開いた人物でもあるのですね。

実力で領土を手に入れて、農民を大切にする政治をおこなったということで、相当なやり手であることがわかります。

「北条」は「北条」でも、鎌倉時代の「北条政子」らとはまったく関係がなかったのですね。

のちに、勝手に名乗りだしたようです。

北条早雲は、現代でもけっこうな人気の偉人です。

 

ということで、
北条早雲を5分で!北条政子や北条時宗とはまったく関係ない?でした。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます^^

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ