ハナー・グラスってどんな人?3分で知る偉人!

スポンサーリンク

ハナー・グラスといえば、料理家です。

料理本を出してベストセラーになったり、イギリスに「カレー」を広めた人物として有名になりました。

今回、ハナー・グラスのかんたんな経歴偉業は?について、紹介していきますよ。

 

ハナー・グラス、プロフィール

ハナー・グラス(Hannah Glasse)
出身地:イギリスのロンドン
生誕:1708年3月28日
死没:1770年9月1日
享年:62歳

料理家

 

かんたんな経歴、何した人どんな人?

ナー・グラスは、イギリスのロンドンに生まれました。

母は未亡人だったといいます。

 

彼女は結婚すると子どもがたくさんできました。

子どもは10人以上できたと言われているから、それは料理も作りがいがあります。

 

9歳くらいで、彼女は自身初の料理本をだします。

本の名前は、「The Art of Cookery made Plain and Easy(わかりやすく簡単な料理術)」

するとこれがベストセラーとなり、ハナー・グラスを有名にしたのでした。

 

当時は、テレビもないしラジオもありません。

そんな時代でとってもユニークな料理本が出たのですから、そりゃあベストセラーになっちゃいます。

 

には、当時のイギリスではとても珍しい「カレー」のメニューが書いてありました。

イギリスに「カレー」を広めたのは彼女で、彼女がいなかったらイギリスにカレーは定着していなかったかもしれません。

 

62歳、偉大な料理作家はこの世を去りました。

 

スポンサーリンク

偉業は?

ナー・グラスの偉業といえば、ベストセラー料理本でしょう。

本の名前は、「The Art of Cookery made Plain and Easy(わかりやすく簡単な料理術)」。

この本がベストセラーとなり、人々の生活をより豊かにさせたのです。

 

とくに注目されたのが「カレー」料理です。

当時イギリスでは、カレー料理なんてほとんど誰も知りませんでした。

この本ではカレー料理を紹介し、世間を驚かせました。

 

カレーの発祥はインドでしたね。

インドのカレーを参考に、彼女は、カレーパウダーを使ってシチューをつくってみたのです。

そしてそれはもう想像どおり、ほとんどカレーなわけです。

これがイギリスでの「カレー」の始まりとなったのです。

 

さらに言うと、日本にカレーがきたのはイギリスからだと言われています。

つまり、日本のカレーも彼女なしにして語れません。

日本でもハナー・グラスはカレーの母なのです。

 

た、ただカレーがもの珍しいから本がベストセラーになったわけではありません。

他の料理もについても、とてもわかり易く、とても簡単につくれるように書いてあったといいます。

グルメライターとして、かなり凄い人だったのです。

 

まとめ

ということで、
ハナー・グラスってどんな人?3分で知る偉人!でした。

 

・料理本がベストセラーになった!

・イギリスで(おかげで日本にも)カレーを広めた!

・子どもが10人以上いた!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます^^

スポンサーリンク

この記事を読んだ方は、こちらもみています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ