後醍醐天皇を5分で!ホントに島流しにあった?吉野に逃げて南朝を開く?

後醍醐天皇(ごだいごてんのう)といえば、鎌倉幕府をほろぼして「建武の新政」という政治をした人物ですね。

今回、後醍醐天皇のかんたんな経歴本当に島流しにあったのか吉野に逃げて南朝を開いた件など紹介していきますよ。

 

スポンサーリンク

後醍醐天皇、プロフィール

GODAIGO

後醍醐天皇(ごだいごてんのう)
出身地:京(京都市)
生誕:1288年11月26日
死没:1339年5月25日
享年:52歳(病死)
時代:鎌倉時代-室町時代

 

何した人?どんな人?

後醍醐天皇は、鎌倉幕府をほろぼした人物です。

そして「建武の新政」という天皇中心の政治するものの失敗した、96代天皇ですね。

ここでは、後醍醐天皇のかんたんな経歴を紹介していきます。

 

かんたんな経歴

1331年、なんとかして天皇中心の政治を取りもどしたかった後醍醐天皇。

鎌倉幕府を倒すために、計画を練っていました。

しかし、計画をたてていることが幕府にばれて、隠岐島(おきのしま・島根県)に、島流しにされます。

その後、逃げて兵をかき集めると、鎌倉幕府に不満をもつ武士たちが「幕府を倒そう!」と立ち上がりました。

この時、楠木正成(くすのきまさしげ)、足利尊氏(あしかがたかうじ)、新田義貞(にったよしさだ)ら、優秀な人物たちも集まります。

彼らの活躍で、鎌倉幕府はほろびました。

 

ると、後醍醐天皇は「建武の新政」という政治をはじめました。

これは、天皇中心の政治で、貴族や公家を出世させて、武士たちは出世できないものでした。

とうぜん、鎌倉幕府を倒すために、命がけで戦った武士たちの心は後醍醐天皇から離れていきました。

 

この時に、足利尊氏も後醍醐天皇と仲がわるくなります。

そして、足利尊氏は、鎌倉で反乱を起こします。

 

醍醐天皇は、まわりの人たちから、「足利尊氏と仲直りしよう」と言われるも、断りました。

そして尊氏に敗れると、後醍醐天皇は吉野(奈良県)ににげます。

後醍醐天皇は、にげた吉野で、「南朝」とよばれる朝廷を開きます。

足利尊氏は、京で「北朝」を開かせ、「室町幕府」をひらきます。

後醍醐天皇は、その3年後に病死しました。

 

どうしても、現代では不人気な偉人の1人ですが、それだけインパクトのある偉人だともいえます。

こちらの記事で、室町幕府をひらいた、ライバル・足利尊氏について、かんたんにわかり易く紹介しています。

>>>5分で足利尊氏!室町幕府をひらいた場所が京都の理由って?

 

 

足利尊氏を信じ、息子を殺す

醍醐天皇の息子第1皇子・護良親王(もりよししんのう)。

護良親王は、足利尊氏が反乱を起こすのでは?と怪しみ、父・後醍醐天皇に「気をつけて」と注意しました。

ところが逆に、後醍醐天皇は、足利尊氏が言った「あなたの息子・護良親王が反乱をたくらんている」という言葉を信じ、息子をろうやに閉じこめたのです。

父への思いが届くことなく、息子はやがて殺されてしまったのでした。

 

 

島流しにあったことがあるとかないとか?

後醍醐天皇は、島流しにあったことがあるとか。

これは、さっき上に書いてあるとおりです。

じっさいに、隠岐島(おきのしま・島根県)に島流しにされています。

 

理由は、

・鎌倉幕府をたおそうと計画を練っていたこと

・「鎌倉幕府がほろびますように」などと祈っていた

などが、幕府にばれたためです。幕府によって島流しにされました。

 

岐島(おきのしま)は、島根県ですから、日本海です。

周囲は岩場で、荒っぽいとのこと。

逃げるために船にのったら、沈没の恐れもあります。

島流しは、逃げられない場所に追放するものですから、どうやって逃げたのか、気になるものです。。。(・∀・)

 

スポンサーリンク

吉野に逃げたって?南朝ってなに?

醍醐天皇は、足利尊氏に攻められ、京をうばわれます。

そして、吉野(奈良県)に逃げて、南朝をひらいたのですね。

 

南朝ってなに?(・∀・)

 

って事でしたね。

 

これは、「南朝」があれば、「北朝」もあります。

超かんたんに言うと、

「北朝」は、光明天皇の政府(京)

「南朝」は、後醍醐天皇の政府(吉野)

ですね。

 

このときから、天皇が2人になって、争い、それが60年近くつづきます。

やがて、合体しますが、明治時代に、どちらが正統なのか、かなりもめました。

そして明治天皇は、「南朝を正統とする」と決定したのでした。

 

 

まとめ

後醍醐天皇を5分で!ホントに島流しにあった?吉野に逃げて南朝を開く?でした。

 

後醍醐天皇をかんたんに語るポイントは、

・鎌倉幕府をたおした

・「建武の新政」といわれる天皇中心の政治をするが、武士の不満がたまり失敗する

・武士を束ねる足利尊氏に敗北、京をとられる

・吉野(奈良県)に南朝をひらいた

最後まで読んでいただきありがとうございます^^

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ