ジョージ・ピーボディってどんな人?3分で知る偉人!

スポンサーリンク

ジョージ ピーボディといえば、企業家で慈善家ですね。

その慈善活動はとても素晴らしく、あのビル・ゲイツやジョン・D・ロックフェラー、アンドリュー・カーネギーなどといった人たちもその意志を受け継いでいます。

今回、ジョージ ピーボディのかんたんな経歴どんな偉業がある?について、紹介していきますよ。

 

ジョージ ピーボディ、プロフィール

ジョージ・ピーボディ(George Peabody)
出身地:アメリカ・マサチューセッツ州
生誕:1795年2月18日
死没:1869年11月4日
享年:74歳

企業家、慈善家

 

かんたんな経歴、何した人どんな人?

ョージ・ピーボディは、アメリカ合衆国のマサチューセッツ州に生まれました。

幼いころは家計が苦しく、裕福とはいえないような生活でした。

 

21歳ころ、ピーボディはメリーランド州ボルチモアに移住しました。

そしてそこで40歳くらいまで暮らします。

その後、40歳過ぎでイギリスのロンドンに移住しました。

彼はその後ずっとそこで暮らし、74歳で亡くなりました。

 

ピーボディは生涯1度も、結婚はしませんでした。

彼の家があった、ワシントン通り205は、現在彼の偉業を称えて、「ジョージ・ピーボディ・ハウス博物館」になっています。

 

ジネス面では大成功しました。

まず19歳ころに、「ピーポディ・リッグス商会」を設立しました。

これは、大規模な生活衣料雑貨の卸売り事業でした。

 

56歳ころに、「ジョージ・ピーボディ商会」を設立しました。

これは、鉄道輸送のときの、積み荷の安全保障対策の会社でした。

 

その3年後、彼はジューニアス・スペンサー・モルガンと提携し、ピーポディ・モルガン商会を設立しました。

ふたりは、ピーボディの引退まで協力していきました。

 

スポンサーリンク

どんな偉業がある?

ーボディの偉業といえば、その慈善活動でしょう。

彼の意志を受け継ぐ形になっている人たちが、ビル・ゲイツ、ジョン・D・ロックフェラー、アンドリュー・カーネギーなどといった人たちなのです。

つまり金銭面での支援です。

 

ピーポディは、「ピーポディ慈善基金」をつくり、人々のために金銭面で支援しました。

・貧しい子どもたちのための、道徳的な教育のため。

・貧しい国の人たちのために、質の良い暮らしを支援。

・大学や研究所への支援。

などなどです。

世界がより良い方向へ向かうことに全力を尽くし、現在でもその意志は受け継がれているのです。

 

まとめ

ということで、
ジョージ ピーボディってどんな人?3分で知る偉人!でした。

 

・慈善活動で、金銭面で支援をした

・その意志は現在でも受け継がれている

・彼の偉業を称え、「ジョージ・ピーボディ・ハウス博物館」ができた

 

最後まで読んでいただきありがとうございます^^

スポンサーリンク

この記事を読んだ方は、こちらもみています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ