ドナルド・ブラッドマンを3分で!クリケットの神様だった?

スポンサーリンク

ドナルド・ブラッドマンといえば、クリケットの最高の選手です。

クリケットは日本では馴染みがないスポーツですが、実は世界で最も競技人口が多いスポーツ3位だと言われています。

ちなみに1位はバスケット、2位はサッカー。

今回、ドナルド・ブラッドマンについてそもそもクリケットってどんなスポーツ?について、紹介していきますよ。

 

ドナルド・ブラッドマン、プロフィール

ドナルド・ブラッドマン(Donald George Bradman)
出身地:オーストラリア
生誕:1908年8月27日
死去:2001年2月25日
享年:92歳

 

かんたんな経歴、クリケットの偉人だった?

ナルド・ブラッドマンは1908年に、オーストラリアで生まれました。

クリケットというスポーツでは、スーパーヒーローでした。

22歳くらいの若いときから、クリケットでずば抜けた成績を残してきました。

数々の記録を残しましたが、いまだに破られていない記録もあるようです。

 

実は当時オーストラリアは、経済が不安定で国が崩れかけていました。

そんな中、人気スポーツのクリケットで圧倒的だった彼は、まさにヒーローでした。

 

ドナルド・ブラッドマンは20年ほど現役選手でしたが、その間は安定して大活躍していました。

選手間からも認められ、先輩のオーストラリア代表キャプテンに「あいつは打者3人分の価値がある」と言われました。

 

クリケットに、たずさわる人では、もちろん彼の事を知らない人はいないし、最大限にリスペクトしています。

クリケット界の「ザ・ドン」なんて言われたりしています。

 

ドナルド・ブラッドマンの死後の2008年には、生誕100年記念として、5ドル記念硬貨を発行していました。

 

スポンサーリンク

そもそもクリケットってどんなスポーツ?

リケットといえば、日本ではなかなか馴染みがないですよね。

そもそもどんなスポーツなのでしょうか。

とりあえずどんな感じなのか、動画で見てみましょう。

なんとなく野球のパチモンっぽいですね。(・∀・)

でもしかし、世界では野球よりもクリケットのほうが圧倒的にメジャーなのです。

 

正確さは微妙ですが、ネットで検索してすぐでてくる「競技人口が多いスポーツランキング(世界)」では、

1位 バスケットボール 4億5000万人
2位 サッカー 2億5000万人
3位 クリケット 1億数千万人
4位 テニス 1億人
5位 League of Legends 9000万人
6位 ゴルフ 6500万人
7位 野球 3000万人

となっています。

5位のLeague of Legend(リーグ・オブ・レジェンド)は、PCゲームなのですが、アメリカ政府が正式にスポーツとして認めました。

ちなみにそれがこんな感じ。

盛り上がってますね。(・∀・)

 

話がそれました。

リケットは、1チーム11人。

試合時間はなんと最大5日間。

近年では、短い時間でするクリケットが流行っているようですが、それでも7時間とかかかるようです。

試合時間が長くゆっくり進行します。

試合中にはティータイムがあり、2時間に1回ほど、紅茶を飲んでゆっくりするみたいです。

馴染みがない日本人からすると、なんじゃそりゃって感じですね。(・∀・)

 

で、クリケットでのドナルド・ブラッドマンはこんな感じ。

はっきり言って凄さがわかりません。クリケットを知らないから。

でも、彼は世界で認められた大人気スポーツの「ザ・ドン」なのです。

野球でいうベーブ・ルースだとか、サッカーでいうペレだとか、そのレベルの偉人で、まさにクリケットの神様なのですね。

 

まとめ

ということで、
ドナルド・ブラッドマンを3分で!クリケットの神様だった?でした。

 

・クリケットは世界では大人気スポーツ!

・ドナルド・ブラッドマンはクリケット界の「ザ・ドン」だった!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます^^

スポンサーリンク

この記事を読んだ方は、こちらもみています。

One Response to “ドナルド・ブラッドマンを3分で!クリケットの神様だった?”

  1. […] 出典ドナルド・ブラッドマンを3分で!クリケットの神様だった? | れきし上の人物.com […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ